隠された事実を報道する
      『真実の放送局 情報センター』



    *世界賢者会議
         超科学研究センター
          所長   月影流水
      


     さあ、始まっちゃいましたあ!
    今回の衆議院選挙は、短期決戦ですよねえ。
    皆さんが、正しく投票できるように、ボク達は、嘘を見抜いていきますよ。

     まず、第一に。
    希望の党の言っている、『しがらみのない政治』。
    エッ?
    仕事の帰りに、文京区の掲示板に掲げてある立候補者を見て、ビックリ!
    これって、地域に、政界に、小池都知事の親交に、文京区で、一番しがらみのある
    候補者じゃん。
    次に。
    パソコンで、ヤフーの初期画面に掲載してある、自民党の広告ポスター。
    『この国を守り抜く』
     って、安倍総理の顔が。
    ウ~ン・・・。
    憲法を改悪して、自衛隊を明記し、日米軍事同盟を強化。
    トランプ大統領は、北朝鮮と一触即発状態。
    米韓と北朝鮮を 現在の戦争状態へともって来たのは、安倍総理じゃん!
    「北朝鮮との対話は、ムダ。圧力だ‼圧力!」
     って、国連で、ヒステリックに喚き散らしてさ。
    他国へ出かけて、
    「北朝鮮へ圧力だ!」
     って、言いふらして。
    ドイツのメルケル首相から、
    「日本は、対話しなさいよ。」
     って、たしなめられちゃうし。
    スイスからは、
    「仲裁に立つよ。」
     って、言われちゃって。
    一体、朝鮮戦争が始まったら、どう日本を守るのか、具体的なことを言って
    みなよ。
    中身は、空っぽじゃん。
    戦争が始まれば、同盟国日本は、自衛隊を派遣し、若者達を徴兵するため
    今回、解散しちゃったんでしょう。
    しかも 選挙で勝利すれば、
    「国民の承認を得た。」
     って、戦争責任まで、国民に押し付けるんじゃあないの?
    軍事独裁体制を固めようっていうのが、ありありじゃん。
    大体、戦争が始まれば、難民が、大量に押し寄せてくるし、中には、テロリスト
    が、含まれている可能性が大なんだよ。
    それが、戦争ってことさ。
    麻生さんみたいに、
    「殺しちゃえ!」
     って、平気で口に出すような人間が、側近でしょ。
    危険だねえ。
    危険過ぎるよう。
    アッ!
    忘れていたさあ。
    今回、国会が開かれていたらあ、森友・加計学園問題で、首相は、厳しい追及を
    されるんだったっけえ。
    相次ぐ大臣達の愚行で、任命責任を問われるはずだったんだよねえ。
    ウ~ン・・・。
    守り抜いているのは、国じゃあなくて、安倍総理自信の身じゃん!
    マスコミや国民を 口先だけで、騙せるって思っているのかなあ。

    ボク達は、ブレないさ。

    キッパリと、『戦争反対!!』

    国民は、真実を見抜こうよ!

    コメントがあったら、いつでも受け付けていますからね。
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。

    『日本イッキ連』が目指すものを 『基本指針』として、次々に公開し
    ております。
    http://hihousho.com
    上記をクリック!
    無料公開中!!




    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_10_10


     地位も 名誉も 資格も 学歴もない。
    お金もなければ、これといった所有物もない。
    ただの中年、酔っ払いオヤジ、『ヒトコト ユウタロウ』。

     今日は連休のため、浦和競馬場で、『競馬で財テク大作戦!!』を決行することに。
    気合が入り、1レース開始前に到着していた。
    「まずは、競馬新聞を買うズラ。」
     ユウタロウは、レース内容に、目を通し始めたのです。
    「何じゃこりゃ?1レースは、2歳の新馬戦やないけ。未出走の馬ばかりじゃ、分からんバイ。
    その後のレースは・・・。」
     ユウタロウは、完全に、お手上げであった。
    「祝日は、黙っていても 客が鈴なりじゃけんのう。こんな低レベルの馬ばかりで、レースを
    組まれても・・・。」
      前半のレースは、様子見にして、取り合えず、腹ごしらえすることに。
    すると、一軒の臨時出店の屋台に、近づいていった。
    「タマ軍鶏の、炭火焼きバイ。こりゃあ、ビールが、止まらんっちゃ!」
     ユウタロウは、次々に屋台を回っては、ツマミヤやおにぎり、レモンハイと、食べ歩いて
    いったのです。
    しかし、気掛かりなことが。
    気温が、ぐんぐん上昇!
    次第に、汗びっしょりになっていったのです。
    「こ、こりゃあ、たまらんっちゃ。屋内に移動するズラ。」
     しかし、ビル内も満員。
    座る席など、空いていなかった。
    「こりゃあ、ビールでも飲むしかにゃあズラ。」
     猛暑の中をフラフラしながら、次々と、屋台でビールを飲んでいったのです。
    「ヒック!ウィ~・・・。ソロソロ、競馬でもするバイ。」
     ユウタロウは、6レースを 10番軸に、馬単で購入していった。
    やがて、6レースが発走。
    結果は、1着10番、2着11番。
    しかも 馬単4,980円の高配当。
    「な、何じゃこりゃ?」
     ユウタロウは、愕然としてしまった。
    レース名を 6レースではなく、10レースと書き間違っていたのです。
    「こうなったら、ヤケ酒バイ!」
     屋台へ戻っては、ビールをグビグビ!
    おにぎりをムシャムシャと、食べまくっていったのです。
    やがて、10レースが発走。
    既に、間違って購入してあった馬券を確かめた。
    「2着、3着ズラ・・・。こうなったら、ヤケ酒じゃ!」
     ユウタロウは、猛暑の中、ビールを煽っていった。
    次の11レースは、勝負レース。
    しかもハンデ戦。
    「最軽量の逃げ馬②から、単勝、馬単勝負やんけワレ!」
     その結果は。
    ②が、ゴール寸前で差され、3着。
    無残に散っていったのです。
    「てやんでえ、べらぼうめ!こうなったら、池袋まで帰って、飲み直しじゃ!」

    *教訓その1
     猛暑の、祝日開催公営競馬には、手を出すな。

    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2016_07_18


    「野党議員全員に、アンケートを渡そう。野党連合組織『ホーサク連』に、賛同する者だけ
    を 次期参議院議員選挙及び、衆議院総選挙で、応援、支持しよう!」
     ブロッコ・リーと、チーム『スプラウト』のメンバーは、八方手を尽くし、国会議員に、回答を
    求めていったのです。
    しかし、ネギ党とナス党は、政党を統合するので、しばし、回答を保留させてくれと、断りを
    入れてきたのでした。
    「しょうがない。統合し、新政党成立まで待とう。」
     ブロッコ・リーと、チーム『スプラウト』のメンバーは、経過を見守ることにしたのです。
    やがて、数週間が過ぎ、新政党は、誕生しました。
    ネギ党とナス党が合流し、誕生した政党名は、『マーボー党』。
    チーム『スプラウト』のメンバーは、顔を曇らせ、ヒソヒソと囁きあっています。
    「南隣の『ライチ国』にある、政党名だっちゃ。」
    「猿真似か。創造力が、にゃあズラ。」
    「ださっ!こんな発想力しかない国会議員ばかりじゃあ、国民の信用は、得られんバイ。
     まして、ヤベエ総理率いる独裁政権打倒なんて、不可能やんけ。」
     そんな、暗い雰囲気に、追い討ちをかけるような情報が、飛び込んできたのです。
    「ネギ党の元総理、NO-ダ氏が、個人的感情から、野党連合を否定しましたよ!」
     ブロッコ・リーが、会合にやってくるなり、声を張り上げた。
    すると、一同は、
    「何い?」
     と、席を立ち上がったのです。
    「あいつが、ネギ党政権を崩壊させた張本人バイ!」
    「消費税増税も NO-ダ氏が、ヤベエ氏側に寝返ったからだっちゃ!」
    「与党のスパイやんけ。野党分断に動いているNO-ダ氏を 国会議員の座から、
     引きずり下ろさにゃあならんとよ。」
     チーム『スプラウト』のメンバーは、怒りに満ち溢れていったのでした。
    「何か、大逆転の方法は、ないかなあ・・・。」
     ブロッコ・リーの言葉に、メンバー達は、沈黙してしまったのです。
    「仮に、総選挙または、衆参同時選挙になった場合、野党連合組織『ホーサク連』の、統一候補
     として、ブロッコ・リー!君が、NO-ダ氏の選挙区に立候補する覚悟があることを 表明すれば
     よかとじゃなかろうか。」
     メンバーの一人、アス・パラが、真剣な眼差しで促すと、周囲は、一気に、明るさを取り戻して
    いったのです。
    「野党連合に反対する、他の野党議員の選挙区には、アス・パラ!おみゃあも立候補すれば、
    よかっちゃ!」
    「そりゃあ、名案バイ!いつまでも 国民の心を理解できない野党議員は、所詮、ヤベエ独裁政権
     の、スパイじゃけん。総選挙があった場合には、一気に、叩き落すズラ!」
     メンバーは、次々に表明し、参議院選が、衆参同時選挙になった場合、または、衆議院選挙が
    行われた場合に、野党連合に反対する議員と、直接対決する覚悟を 決めたのでした。

     翌日。
    チーム『スプラウト』の、ブロッコ・リーとアス・パラは、野党代表者達と、直接、交渉開始していたの
    です。
    「野党連合組織『ホーサク連』を 一気に立ち上げましょう!もし、反対する野党議員がいるのなら
     ば、ボク達が、その選挙区に、対立候補として、ホーサク連の統一候補として、立候補し戦う用意
     があります。」
    「どっちみち、野党連合に反対する議員は、強欲で、傲慢な人間ばかりでっしゃろうが。ヤベエ独裁
     政権の、スパイみたいなもんじゃけん。改革が進まんのと違いますか?」
     この言葉に、野党代表者達は、
    「ヨシッ!立ち上がろう!!」
     と、決意を固め、立ち上がり始めましたが、ただ一人、マーボー党だけが、腕組みをし、険しい
    顔付きで座り込んでいます。
    「マーボー党内をまとめるまで、今しばらく、時間をもらえんかなあ・・・。」
     その言葉に、ブロッコ・リーは、
    「国民生活は、もう、ギリギリなんです!私達が、基礎を築きますから、貴方がたは、早急に、党内を
     まとめ、後から、参加してください。」
     そう、言い切ると、サッサと、その場を立ち去ってしまいました。

     翌日、チーム『スプラウト』は、極秘会合を開いておりました。
    「国会議員の、行動力のなさでは、国民のための改革なんて無理バイ!」
    「戦いは、風林火山ズラ。」
    「マスコミに、事前情報を流すっちゃ!」
     ブロッコ・リーは、
    「よし!あらゆるマスコミに、事前情報を知らせ、国民の反応を待とう!」
     と、遂に、戦闘開始したのです。

     翌日。
    全国紙には、
    『野党連合ホーサク連 遂に決起か?』
    『方策、豊作、ホーサク連!野党総結集か?』
    の見出しが、ズラリと、一面を飾ったのです。
    ところが、この反響は、思った以上に、強大なブームへと発展していくのでした。

    次回をお楽しみに!
    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2016_03_27


    「知事、知事、知事、事知、支持、自治!」
     政党の思惑で選出される、総理大臣と違い、知事は、有権者直接投票による大統領制。
    都道府県民の未来を考え、尽力してくださいね!

    「住職、住職、住職、職住、終始欲、私欲異臭!」
     仏法とは、いかなるものか。
    再度、考え直してみて下さいね。
    寺を利用しての、金儲けなど、言語道断!

    「漁師、漁師、漁師、シ魚師、時季要し、利用し!」
     大自然の影響を 直接受ける、大変な仕事。
    自然の流れに身を任せ、頑張って下さいね!
    お魚料理、大好きですよ。

    「社長、社長、社長、長社、視野王座、長者!」
     大企業でも 零細企業でも 一国一城の主。
    業界発展に、貢献してくださいね。
    お金は、後から、付いて回りますよ!

    「店員、店員、店員、店口貝、員店、口貝店、棚公開、豪快見せ!」
     商品内容で、勝負して下さいね。
    口先で、誤魔化すことは、ダメ!
    お客様の信用が、お店の発展に、つながるんですよ。

    「占い、占い、占い、占い、裏無い、売らない!」
     占いで金儲けなど、もってのほか!
    やがては、天の審判が下りますよ。
    占いは、古代の、統計学。
    低料金で、人々のために、貢献していってくださいね。

    「営業、営業、営業、業営、影響、永劫、光栄!」
     営業マンの力があったからこそ、日本は、ここまで発展してきました。
    日本の未来は、あなた方の、双肩にかかっていますよ。
    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2015_12_31


    この記事は、ブロマガとなっております。

    *購読料 ・・・ 1ヶ月100円

    案内に従って進み、手続きしていただきますと、
    記事が、目の前に出現しますからね。
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?

    2013_12_19


    11  « 2017_12 »  01

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    956位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SF
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    i『大地の愛』フォトギャラリー

    ありがとう! 下記をクリックして下さいね。

    いつでも待っているからね! 貴方は一人じゃないんだから。

    癒しのパワースポット!

    ゆっくり、眺めていってね。

    FC2Blog Ranking

    今日は、ありがとう! 上記をクリックしてね。

    癒しのパワースポット!

    *『大地の愛』フォトギャラリー      心のジャーナリスト

    月影流水

    Author:月影流水
    もう一度、『生きる』ことを 
    感じてみようよ。
    貴方は、一人じゃないんだ。
    『地球』は、貴方のことを
    いつも 見守っているんだよ。

    ゆっくり、眺めていって下さいね!

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR




    page
    top