隠された事実を報道する
      『真実の放送局 情報センター』



    *世界賢者会議
         超科学研究センター
          所長   月影流水
      


     緊急案件として訴えてきた問題、二つ目は、腐れ切った公明党国会議員。
    特に、山口代表。
    ボク達は、予知能力をもとに、十数年前から警告し続けてきたさ。
    どういうことか?
    今回の衆議院選挙もそうなんだけれど、創価学会員の票が入らなかったら、
    自民党議員の、多数が落選していたさ。
    つまり、現在の自民党には、単独で勝利できるほどの力量は、ないってこと。
    創価学会の力量一つで、自民党の当選者は、左右されちゃっているってことじゃん。
    さてと。
    ここで大きな問題が。
    創価学会は、公明党の口先に、丸め込まれちゃっているということなんだよねえ。
    本来であれば、支持母体である創価学会の力が上で、公明党は、創価学会の言う
    ことを まず、第一に考えなきゃあいけないんだけれど・・・。
    ここに、長年の自公癒着による、大きな変化があるのさ。 
    まず、公明党国会議員は、信心深き議員以外は、権力のうまみを知っちゃったって
    いうこと。
    選挙直前に出た、2件の女性問題は、ほんの一部。
    与党内で自民党の言うことを聞いていれば、いい目を味わえるっていうことを覚え
    ちゃったんだよねえ。
    創価学会は、国会議員が辞めた後、一斉に、悪事の非難を開始するんだよう。
    創価学会2代目戸田会長による、『国会議員を監視せよ!』っていう教えが、代々
    受け継がれていたはずなんだけれど・・・。
    ウ~ン・・・。
    やっぱり、創価学会員が変化しちゃったんだよねえ。
    何故か?
    宗教は、『救い』なんだよう。
    特に、『心の救い』さ。
    信者は、純粋で、純真なんだよねえ。
    創価学会員個人も 代々受け継がれ、徐々に純粋培養されてきちゃったんだよう。
    結果、上の者には、純粋に従う。
    逆らわないように、なってきちゃったんだよねえ。
    特に、中央役員は、専従で生きていくか、国会議員になるしかないじゃん。
    国会議員になろうと思えば、公明党国会議員の言いなりになっちゃうんだよねえ。
    段々、核心に迫ってきちゃったよう。
    では。
    国会議員は、どうなのか?
    創価学会時代に、真面目に信心し、国会議員へと進んだ者は、一生懸命、頑張って
    いるよねえ。
    しかし、権力のうまみを知っちゃって、自民党の言う事さえ聞いていれば、自分達は
    安泰だって、自己保身に入っちゃっているんだよ。
    特に、安倍総理は、独裁的でヒステリー!
    御機嫌を損ねたら、捨てられちゃうから、山口代表は、飼い犬の如くペコペコ。
    しかし、内部には、超強気さ。
    口先だけで創価学会員を丸め込み、公明新聞を購読させ、お金を搾り取りながら
    詐欺同様の手口で、学会員を洗脳しているんだよねえ。
    「公明党が与党内にいて、自民党の暴走を食い止めている。」
     って。
    「妥協が必要だ。」
     ってね。
    エッ?
    と・こ・ろ・が、創価学会員の中には、
    「現在の公明党国会議員は、妥協じゃない。安倍総理との従属関係だ。」
     って、気付いちゃった人達がいるんだよねえ。
    安倍総理の格差社会政策や、自衛隊員の海外派兵を 次々通してるから、
    自然と、公明党に対しての反発が生まてきているんだよう。
    実際に、低所得者の創価学会員の生活悪化に、直撃しているんだからあ。
    消費税10%へ値上げなんて、もってのほかでしょう? 
    そこで、『自公政権にNO!』を突き付けた学会員達による、選挙結果が
    今回の、自民党議員現状維持、公明党議員減少という結果に、結び付いて
    いっちゃったんだよねえ。
    いわば、真の創価学会員が存在し、『地涌の菩薩』として生きる者が、まだまだ
    いるんだってこと。
    立憲民主党は、この人達との連携が必要なんだよう。
    それが、政権奪取ということ。
    自民党から、共産党までいて、日本の国なんだからさ。
    『大いなる和の国』に向けて、『歴史的和解』を開始しようよ。
    この記事を読んでいる、皆さんからね。

     全ての記事を読みたい方、 コメント受け付けは、
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。
    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_10_24


    隠された事実を報道する
      『真実の放送局 情報センター』



    *世界賢者会議
         超科学研究センター
          所長   月影流水
      


     ボク達は、予知能力をもとに、様々な警告、提言を行なってきたんだけど。
    特に、緊急案件として訴えてきた問題は、二つあるんだよねえ。
    一つは、マスコミの御用放送化。
    これは、最低!
    全ての情報を 安倍独裁政権に、有利なように報道していっちゃうんだよう。
    だから、真実を語らず、隠しちゃうのさ。
    『そんたく』って、いうやつだよねえ。
    今回の、衆議院選挙結果についてもそうじゃん!
    自公で大勝っていうばかりで、真実には、目をつぶっているのさ。
    いいかい?
    今回の衆議院選挙は、野党分裂で、乱立。
    しかも 台風直撃の中での投票。
    最低から、2番目の投票率。
    本来であれば、自公で圧勝!
    基礎票の多い両党で、350以上、議席獲得していてもおかしくないのさ。
    ところが、自民党は増えておらず、公明党は、6議席減じゃん!
    つまり、大勝したのは、急増の立憲民主党であり、それを支えた社民党、
    最大の功労者である共産党と、無党派層の人達じゃあないの?
    台風の中でも投票に出かけた、無党派層の人達は、安倍軍事独裁政権の
    格差社会政策に、『NO!』を突き付けたんだよ。
    台風じゃなかったら、一気に勢力図が、逆転していたんじゃあないのかな?
    これが、真実さ。
    二つ目は、腐れ切った公明党国会議員。
    特に、山口代表。

    ちょっと、ここで休憩。
    しばらくしてから、続きいきますねえ。


     コメントがあったら、いつでも受け付けています。
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。
    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_10_23


    隠された事実を報道する
      『真実の放送局 情報センター』



    *世界賢者会議
         超科学研究センター
          所長   月影流水
      


     今回の衆議院選挙は、自民党の圧勝だけど・・・。
    思ったほどじゃあ、なかったねえ。
    ということで、
    「立憲民主党大躍進おめでとう!」
     良かったね。
    さあてと。
    今回の衆議院選挙は、ある意味スッキリしちゃったよね。
    まず、希望の党のいい加減さを国民が見抜き、正統な判断を下したこと。
    次に、アホな公明党国会議員が、減ったことだよねえ。
    投票日当日は、台風直撃。
    どう見たって、自公で350議席以上獲得しても可笑しくないでしょう?
    安倍総理の飼い犬になった、公明党山口代表。
    創価学会は、いいように利用され、結局は、自民党議員を多数当選させ
    ちゃったんだよねえ。
    つまり、創価学会員は、公明党国会議員の大悪を追及せよ!
    っていうことさ。
    低所得者の多い創価学会員の生活は、ますます悪化しちゃうんだよ。
    山口代表の口車に乗って、自民党投票に加担した創価学会員達の大罪も
    追及されるべきだよねえ。
    ただ、残念なのは、立憲民主党の躍進に大きく寄与した共産党が、議席を
    減らしちゃったこと。
    立憲民主党の国会議員は、共産党支持者の応援に感謝してね!
    両党は、これからも親密に協力し合って。
    次回に、詳しくいきますねえ。

     コメントがあったら、いつでも受け付けていますからね。
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。

    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_10_23


    隠された事実を報道する
      『真実の放送局 情報センター』



    *世界賢者会議
         超科学研究センター
          所長   月影流水
      


     取りあえず・・・。
    『立憲民主党大躍進』おめでとう!
    (^-^)/
    枝野さんに、伝えてね。
    今回の選挙戦みたいに、連日雨。
    投票日当日が、台風直撃。
    当然、基礎票を抱えている、自民公明に、圧倒的有利。
    しかし、立憲民主党だけが大躍進!
    何故か?
    理由は、二つありますよねえ。
    一つは、共産党が自分達を犠牲にしてまで、応援してくれたこと。
    もう一つは、無党派層が、全力投球したからなんだよう。
    これだけは、言っておくね。
    ボク達無党派は、ブレないんだよう。
    自由、平等、平和を愛し、差別を嫌う善良な人間さ。
    シンがしっかりしているから、ブレてばかりいる政治家のプロに
    信頼を おけていないんだよう。
    今回は、安倍総理の独裁に対し、真の善良な無党派達が、身を呈し
    共に、闘ったからなんだから。
    まだまだ、選挙結果が出始めたばかりだけど、きっと、野党第一党に
    なるさ。
    枝野氏よ。
    貴方が、本当に、国民と共に日本を作り上げようとする意志があるのなら、
    ボク達は、様々な提言もする。
    また、貴方がたに立ちふさがる敵を 吹き飛ばす戦いにも打って出るさ。
    今日は、選挙結果が、刻一刻と変化するのを見守っているんだけど・・・。
    でも 良かったね。
    大躍進、おめでとう!

    コメントがあったら、いつでも受け付けていますからね。
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。
    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_10_22


    隠された事実を報道する
      『真実の放送局 情報センター』



    *世界賢者会議
         超科学研究センター
          所長   月影流水
      


     ボク達は、『一国民』。
    権力を持っているのは、国会議員。
    されど、国会議員を選択できる一票を有した、『貴重な一国民』さ!
    ボク達弱者が、唯一、国に対して自分を主張できる、絶好の機会なんだよねえ。
    今回の衆議院選挙は、台風が近付いていて、最悪の状況。
    だけど、思い切って、投票に行こうよ!
    自分達の、明日がかかった選挙なんだからあ。
    後は、静かに、天命を待とうよ。
    この世は、人知では計り知れない力が働いているから。
    天の導きを知るには、まず、投票に行くことからなんだよねえ。
    翌日から、どう生きたらいいのか。
    全て、その時に考えればいいさ。
    それでも地球は、絶え間なく回っているんだから。

    きっと。
    きっと、天が動くから。
    自然の流れに、身を任せようよ!

    コメントがあったら、いつでも受け付けていますからね。
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。


    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_10_22


    09  « 2017_10 »  11

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    835位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SF
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    i『大地の愛』フォトギャラリー

    ありがとう! 下記をクリックして下さいね。

    いつでも待っているからね! 貴方は一人じゃないんだから。

    癒しのパワースポット!

    ゆっくり、眺めていってね。

    FC2Blog Ranking

    今日は、ありがとう! 上記をクリックしてね。

    癒しのパワースポット!

    *『大地の愛』フォトギャラリー      心のジャーナリスト

    月影流水

    Author:月影流水
    もう一度、『生きる』ことを 
    感じてみようよ。
    貴方は、一人じゃないんだ。
    『地球』は、貴方のことを
    いつも 見守っているんだよ。

    ゆっくり、眺めていって下さいね!

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR




    page
    top