FC2ブログ



      20240130100313aac.jpeg

      思想・宗教・政党の違いを超えて、
        世界平和への祈り・・・ 

      警告‼マスク着用続け脳機能低下!
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章第9回

          

      『世界賢者会議』  調和と共生 『日本イッキ連』 
          チーム 『ブッポウソウ』 
               リーダー  最後の預言者『聖仙』


      警告‼マスク着用続け脳機能低下!
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章第9回
          


       上野公園の『ソメイヨシノ』は雨風に散らされ、葉も出始め、花見の宴会も最終段階!
      しかし、不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、足取りも軽く、早朝の清水観音堂の
      周辺を散策していた。

      「これからが、ワシらにとって、サクラの花見が本番❣あちこちで、八重桜が咲き始めておる
      からのう。おうおう!『ヤエベニシダレ』が満開じゃ‼」

      20240412062759c74.jpeg

      20240412062756cf6.jpeg

       上野公園内にある清水観音堂周辺では、『ヤエベニシダレ』が、満開であった。

      「ソメイヨシノは、数多く存在するから、花見として有名だが、八重桜は、数少ないが、その
      美しさ、華やかさは別格じゃ❣上野公園や不忍池周辺では、八重桜の種類が豊富で、
      毎日が、楽しみじゃのう!」
       
       満面の笑みを浮かべ、丸ジイは、近くに咲き誇っている、別の八重桜のもとへ急いだ。

      20240412062559570.jpeg
      20240412062556283.jpeg

      「見事な開花じゃ‼『フクロクジュ』は、その名前からして、めでたいのう・・・。」

       丸ジイは、うっとりと眺めていたが、再度、急ぎ足で上野動物園前交番に向かうと、突然
      近くで足を止めた。

      「ウ~ム、あっぱれ‼『マイヒメ』満開の舞踊りじゃのう❣」

      20240412062713f7a.jpeg

      202404120627085ca.jpeg

       やがて、会社員の通勤時間帯となり、丸ジイは、あちこちに姿を隠しながら、様子を窺うこと
      にした。
      日本人の、無意識な行動を観察し始めているのです。

      「マスクしない者達は、時折、サクラを眺め、さりげない笑顔を見せたり、スマホで写真を
      撮ったり。忙しい世の中にあっても 心に、余裕があるのう。」

       やがて、丸ジイは、『さくら通り』を行き交う人々の表情に、首を傾げた。

      「マスクを着用して歩いている者達は、皆、無表情じゃのう。うつむき加減の者も多い。
      マスクで息が苦しく、酸欠状態ではないかな❓脳機能が低下し、思考力が、かなり低下
      しておるのじゃろう。」

       丸ジイは、雲一つない、好天の空を見上げた。

      「今夏は、かなりの猛暑になるじゃろう。今から、マスクを外すリハビリをしておかないと、
      永遠に『マスク依存症』じゃ。炎天下にマスク着用を続けておれば、脳機能はマヒするぞ!
      新コロの微熱&微症状を見抜けず、発症に至り、免疫力低下で、回復も遅れるし・・・。
      何よりも熱中症で倒れ、即死に至る可能性は、かなり高いのう。」

       丸ジイは、未だにマスク着用続けて歩いている者達に、絶望感を感じた。

      「早朝の公園を歩きながら、マスク着用者は、清々しい空気を吸うこともないのう。マスク着用
      続ければ、脳は、酸欠で不活性化!仕事の効率は落ち、発想力も低下し、『技術大国日本』
      の未来には、暗雲が漂っているということかのう。」

       丸ジイは、何気なくサクラの根元に目をやると、タンポポが咲いていた。

      20240412062513e22.jpeg

      「おうおう。春を告げるタンポポが、美しく咲いているというのに、一体、何人の人間達が、気が
      付いておるのかのう。」

       丸ジイが目を細め、タンポポに顔を近付けると、ゆったりと、タンポポが口を開いた。

      「丸ジイさん❣私達は、古より、人間達の食用になっているポポ!しかし、豊かな日本では
      見向きもされていないポポ!」

      「そうじゃのう。大災害が起きれば、上野の山は、避難場所じゃ。あっという間に、食べ尽く
      されることになるのじゃろうがのう。」

      「丸ジイさん❣私達は、常に、公園を引き立てる脇役でいいポポ!踏まれ、刈られながらも
      生き延び、いざという時には、人間の食用となり、役に立つポポ!」

       タンポポの言葉に、丸ジイは、ただ、頷くだけであった。
      丸ジイは、小鳥達の声に耳を傾けていたが、やがて、口を開いた。

      「人間の世界も同様じゃのう。日本人は、マスクを外し、酸素を十分に脳へと供給し、活性化
      させるのじゃ。今こそ、自然の摂理を学ぶときじゃのう。」

       丸ジイは、静かに目を閉じ、祈りを捧げていった。

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *マスク着用続け、生き地獄‼
      日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章第8回


       上野公園に、強風&雨が‼
      花を散らし、サクラの花見期間も いよいよ、終わりに近づき・・・。
      不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』の姿は、上野公園の正面入り口にあった。

      2024040915474101d.jpeg

      「サクラの花見もピークを過ぎたのう。しかし、上野公園には、多種の花木が生きておる
      から、季節ごとに多くの楽しみがあるぞ。」

       丸ジイは、入り口の花壇に寄せ植えされている花を眺め始めた。

      「おや❓これは、珍しい色の『ハナニラ』・・・かのう・・・。」

       丸ジイは、ジーッと見つめ始めた。

      20240409154738208.jpeg

      「そういえば、野生の『ハナニラ』も咲いているはずじゃ‼」

       丸ジイは、パンダ橋の入り口まで急ぎ、足を止めた。

      「おうおう。見事に花開いておるではないか❣」

       丸ジイの前では、『ハナニラ』が、群生しているのである。

      20240409154901855.jpeg

       丸ジイは、そうっと匂いを嗅いでみた。
      すると、大きく花を広げているハナニラが、笑顔で話し始めたのです。

      「丸ジイさん❣私達『ハナニラ』は、ニラの香りはしますが、食べられません。毒がありますよ❣」

      「ウムウム。そうであったのう。しかし、毒のない『ニラ』は、食用として重用されておる。また、
      色違いの『ハナニラ』は、花として大切に扱われておるのにのう。貴方がたのような、大多数の
      白い『ハナニラ』は、野生のままじゃな。」

      「全ては、人間達の主観の問題ですよね❣私達、野生のハナニラは、切られ、踏まれながらも
      しぶとく、生き延びております。しかし、花としてのハナニラは、花が枯れれば捨てられ・・・。
      食用としてのニラは、花を咲かせることなく食用として食べられてしまいますよ❣」

      「なるほどのう。温室育ちの花や野菜の寿命は短く、自然のままに生きる野草は、長く生き残る
      ということじゃな!」

       丸ジイは、マスク着用続け、引きこもっている日本人を思い浮かべた。

      「日本人は、新コロを恐れ、マスク着用続け、他人との接触を避け・・・。花や、野菜、野草以下
      じゃ‼これより、猛暑の夏がやってきたら、熱中症で倒れるどころか即死じゃのう。マスクせず、
      自然のままに、新コロを受け入れ、免疫力を高めていく者のみが、生き残るということじゃ!」

       丸ジイは、マスクを着用した、無表情の能面のような日本人に、絶望感を感じていた。
      すると、背後から

      「丸ジイさん❣」

       と、声が!

      振り向くと、アセビの花の下で、サツキ(ツツジ科)の花が、風に揺られていた。

      202404091549013e2.jpeg

      「丸ジイさん❣私達も ハナニラと同様ですよ!サツキとして、稀な品種は、鑑賞用として重用
      され、高額で売買されております。しかし、私達のような、一般的で数の多い品種は、あちこち
      に放置されたり、道路や公園等の場に使用されたり。」

      「なるほどのう。日本人でいえば、一般人は、雑に扱われ、特権階級の人間達は、優遇されて
      おるということじゃな!」

       丸ジイは、自分の頭で考えず、権力者の言いなりとなっている日本人に危惧!
      マスクを外し、酸素を十分に供給し、脳機能を活性化しなければ、日本に未来などあるはずが
      ないと感じていたのであった。


      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *犯罪者はマスクを外さない‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章 第7回


       例年より遅れちゃったけど、上野公園は、『ソメイヨシノ』が満開に❣
      朝早くから、大勢の外国人観光客が訪れ、笑顔でサクラ鑑賞&記念写真撮影に!

      2024040800142944c.jpeg

       上野不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、大入り満員のさくら通りで、静かに
      サクラを眺めていた。

      「夕方になると、さくら通りにはボンボリが灯り、サクラが一層、艶やかになるからのう。
      一日中、楽しめるから、時間が過ぎるのを忘れてしまうワイ!」

      20240408001234389.jpeg

       丸ジイには、ふと思い出し、不忍池に駆けつけていった。

      「おお!今年も見事に満開じゃ‼けがれなき姿は、天下一品じゃのう・・・。」

       歓声を上げる丸ジイの前では、純白の八重桜『シロタエ』が、満開であった。

      20240408001429a8a.jpeg

       丸ジイは、人の気配を感じ、急いで池の中に!
      ソッと顔を出し、様子をうかがっていると、マスクを着用した女性がサクラの前に立ち、男性が
      写真撮影をしているのです。

      「サクラは、マスクで隠すことはせんぞ!失礼なカップルじゃ‼第一、マスク着用し、顔を隠
      した写真撮影で、記念になるのかのう。不思議な日本人じゃ。周囲には、誰もおらんのに
      心にやましさがあるから、顔を隠しておるのじゃろう。」

       丸ジイは、静かに水面を移動すると、今度は、淡い紅色のサクラの前に近付いていった。

      「おお!『ベニユタカ』も満開じゃ‼」

      20240408001234eae.jpeg

       水面から顔を出し、しばし、うっとりと眺めていると、マスクを着用した日本人が脇目もふらず
      歩き去っていった。

      「外国人観光客は、マスクなどせず、のんびりとサクラ鑑賞を楽しんでいるというのにのう。全く
      日本人は、情けない。マスク着用した者共は、まるで、心に余裕がないのう。サクラをめでること
      もなく、何のために生きているのじゃろう。」

       丸ジイは、マスク依存症となっている日本人に、警鐘を鳴らすことにした。

      「未だに、マスク着用して公園を歩くような奴らは、犯罪者か精神異常者じゃ!これより炎天下で
      マスク着用続け歩き回ると、熱中症で倒れるぞ‼救急搬送されるだけではなく、即死することも
      あるということを忘れぬことじゃ!」

       丸ジイは、『マスク依存症』が多くを占めている日本に、未来はないと確信。
      いつまでも 憂いが、尽きることはなかった。

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *マスク着用者はタダの奴隷‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章 第6回


       上野公園&不忍池では、サクラの開花と共に、世界中から大勢の観光客が訪れ。
      晴れてさえいれば、平日でも大賑わい❣
      不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、毎朝、沿道のサクラ鑑賞を楽しんでいた。

      「『ソメイヨシノ』は、サクラの花見の真打じゃ!そのちょっと前に満開を迎えるのが『ヤマザクラ』
      系じゃのう。『オオシマザクラ』も その一つじゃ。」

      2024040315231341b.jpeg

      「ヤマザクラ系のサクラは、葉を出しながら開花。花びらもソメイヨシノと比べ、真っ白じゃ。」

       丸ジイは、心洗われる思いで見とれていた。
      しばらくして、不忍池湯島口に!
      そこでは、『イズヨシノ』が超満開❣

      2024040315250518d.jpeg

      「見事じゃ‼サクラは、日本人と違って、マスクで顔を隠したりしないからのう。美しさが
      周囲の者達に、ヒシヒシと伝わるぞ!」

       丸ジイは、未だに、マスク着用を続ける日本人に危惧を抱き、不忍池に戻っていった。
      陽が高くなるにつれ、沿道には観光客が押し寄せるようになり。
      丸ジイが水面に顔を出すと、『イズヨシノ』の前は、ごった返していた。

      「世界中の観光客は、マスクせず。のんびりと談笑しながら、サクラを鑑賞しておるがのう。
      日本人は、マスクで顔を隠し、無言で無表情!亡霊のように生気をなくし、ゆらゆらと、行き
      過ぎるだけじゃのう。」

       世界から取り残されている日本人の現状に、丸ジイは、大きくタメ息をついた。

      「日本人は、マスクで一人一人の個性を隠し、何のために生きておるのじゃろう。」

       丸ジイは、天を仰ぎ、虚しく呟いた。

      「マスク民は、奴隷じゃ・・・。」

       丸ジイは、沿道の樹木を眺めながら水面をユラユラしていると、『八重ツバキ』の前で
      動きを止めたのです。

      20240403154151d9b.jpeg

      20240403154154a25.jpeg

       丸ジイは、しばし、可憐な花に見入っていた。

      「人間も花の一生も同じじゃ!個性とは何ぞや‼自由に生きなされ❣日本人はマスクを外し、
      自分をアピールしなされ❣」

       丸ジイは、一人一人の笑顔が、自立が、世界平和につながると感じていたのです。
      沿道では、依然、マスク着用する日本人が、満開のサクラの前をさ迷っていた。

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *炎天下マスク着用で熱中症即死‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章 第5回


       上野公園と不忍池は、3月31日に、観測史上最高気温の28度超え!
      不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、水面より首を伸ばし、沿道で満開の
      サクラに見入っていた。

      20240401095326fa2.jpeg

      「 『コウヨウ』の淡い紅色は、きらびやかじゃのう・・・。」

      20240401095329e19.jpeg

      「『イズヨシノ』の純白は、心が洗われるようじゃ!」

      20240401095330e54.jpeg

       不忍池の沿道は、サクラの花見客で一杯❣
      あちこちでシートが敷かれ、宴が開かれているのです。
      丸ジイは、水面から行き交う人々を見つめ、ふと、首を傾げた。

      「はてさて。この炎天下、マスク着用続け、顔面を紅潮させ、アップアップの状態で
      大汗を流している者達は、『ドアホ』という品種の人間かな?」

       外国からの観光客は、マスクなどしていない。
      一部の日本人が、マスクを着用し、足元をふらつかせながら歩いているのです。

      「意識は、もうろうとしてきておるじゃろう。マスク着用続け、脳機能は低下し、善悪の
      判断さえつかないのじゃろうな。こういう人間達は、ストレスが募り、突然キレ、凶悪
      犯罪を起こすことになるのじゃろうのう。」

       春なのに、28度超えの異常気象!
      丸ジイは、未だにマスク依存症の日本人が、数多く存在することに、危惧している。

      「炎天下、マスク着用続ける『ドアホ』な日本人は、熱中症で倒れ即死してもマスクを
      手放すことは、しないじゃろう。インチキ宗教信者と同じじゃな!」

       やがて。
      丸ジイの姿は、上野公園のボードワン像近くにあった。

      「おうおう。今年もまた、可憐な花を咲かせてくれたのう❣」

       丸ジイの見つめる先には、『シャガ』の花の群生があったのです。

      20240401095303bc0.jpeg

       一輪のシャガの花が、丸ジイに答えた。

      20240401095259ee1.jpeg

      「丸ジイさん❣サクラだけでなく、私達も存在して上野公園です。しかし、現在は、
      満開のサクラが主役!見上げるのに疲れた方が、一服の清涼剤として、私達に
      気付いてくれればいいのです。」

       丸ジイは、その言葉に、目を細め、優しい笑顔で答えることに。

      「映画、企業、人生、全てに通じることじゃのう。主役があり、脇役があり・・・。優れた
      脇役があればこそ、主役は輝くことになるのじゃ!全ては、縁があり、成り立っている
      ということじゃろうのう。」

       丸ジイは、自分の存在ということを日本人に問いたかった。
      無能な学者やコロナ脳医療従事者の言うことを鵜呑みにし、マスク着用を強要する
      ドアホが後を絶たず。
      コロナ脳は、極右ネトウヨや極左等の、全体主義者に多く存在。
      常に、自分達を正当化し、出しゃばってくる。
      サクラが終われば、猛暑が控えており。
      マスク依存症を治さなければ、熱中症で救急搬送される者が続出するであろう。

      「日本人は、『生きる』ことを再確認すべきじゃのう・・・。」

      丸ジイの悩みは、尽きることがなかった。


      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *マスクをせずに生きるを感じて❣
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』2章 第4回


       上野公園正面入口では、シダレザクラが満開に近く。
      やぐら提灯に火が灯り、本格的にサクラ祭りへ突入❣

      2024032909534388c.jpeg

       不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、やぐら提灯を見上げ、いよいよ
      ソメイヨシノの開花が始まることに期待を寄せていた。

      「マスクを着用続けている人間達にとって、これが最後のチャンスじゃのう。」

       上野公園は、サクラの花見の聖地❣
      外国人観光客が非常に多く、皆、マスクなどしていない。
      日本人は、無能学者や、コロナ脳の医療従事者のデマに洗脳され、未だに、
      マスク着用を続け、また強要し。
      自分以外は、感染源と恐れ、他人との交流を嫌い。
      これでは、世界から、取り残されていく。

      「ワシは、昨年夏、炎天下でマスク着用続けている人間達が、フラフラになってる姿を
      何度も見てきたんじゃが。サクラの後には、猛暑の夏がやって来るというのにのう。」
       
       丸ジイは、マスク着用続けている日本人の脳機能が低下し、倫理観の崩壊!
      凶悪事件が増えていることを憂いていた。
      丸ジイは、ソメイヨシノの開花状況を楽しみながら、パンダ橋を渡っていった。
      すると、そこには、スイートアリッサムが、溢れるほどに満開❣

      202403290955141f8.jpeg

      「ソメイヨシノより、一足先に満開じゃのう。『白色』は、『博識』につながるぞ!
      悩める人間達よ。部屋に引きこもらず、外に出なされ!『花鳥風月』じゃよ。
      人間が生きるということはどういうことなのか、再認識しなされ。」

       丸ジイの目には、猛暑でマスク着用続けている者が、続々と救急搬送されていく
      姿が、映し出されていた。

      「何事もきっかけじゃ!マスクを着用続けている者が、リハビリとしてマスクを外す
      ことのできる、最後のチャンスじゃぞ。マスクを外し、サクラの花見を楽しみなされ。」

       丸ジイは、清水観音堂の前を散策していると、『ヨウコウ』という桜が開花❣

      20240329095431592.jpeg

      「白いソメイヨシノも美しいが、赤いヨウコウもまた華麗じゃのう・・・。」
       
       丸ジイは、しばし、時の流れるのを忘れ、釘付けとなってしまった。


      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *日本は多民族国家‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 2章 第3回


       東京は、連日の強風!
      満開であった、上野公園入口の『オオカンザクラ』は、散り始め・・・。
      それに代わるかのように、『シダレザクラ』が開花❣

      2024031914333639d.jpeg

      20240319143253bbd.jpeg

       上野不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、シダレザクラを見上げていた。

      「皆、単に桜と言ってはいるが。この、上野公園だけでも 数十種類はあるのう。花見の
      真打ちは、『ソメイヨシノ』じゃが・・・。」

       丸ジイは、公園の奥へ進み、ある桜の前で立ち止まった。
      巨木の先に目をやり、枝のツボミの様子を窺っているのです。

      2024031911291041c.jpeg

      202403191129080e9.jpeg

      「このサクラは、『ウエノシラユキシダレ』じゃ!『コマツオトメ』と共に、上野公園発祥の
      サクラ。もうすぐ、開花じゃのう❣」

       丸ジイは、期待に、大きく胸を膨らませている。

      「日本人も桜と同様じゃ!古より、多民族国家。戦乱の世を潜り抜け、卑弥呼が、平和的
      手段により、日本を統一❣その卑弥呼こそが、日巫女!天照大御神なのじゃよ。」

       古より、日本は『神仙の国』。
      世界中の聖なる人間達は、平和を求め、東へ東へと向かい。
      その、東の最果ての地が『日本』。
      秦の始皇帝でさえも『不老長寿の薬』を求め、金銀財宝を満載した船と共に『徐福』を派遣。
      その先が、『神仙の国』である日本なのです。

      「多くの民族の遺伝子が交配することにより、日本人は、優秀な人間を作り出し、また、
      発展させてきたのじゃよ。言い換えれば、古代日本では、多くの民族が『神仙の国』を
      目指し、最果ての国『日本』に到着。様々な技術も 同様に、伝わってきたのじゃ。」

       丸ジイは、長年の新コロ禍で、日本人の心&精神は崩壊し、排他的になっていることを
      危惧しているのです。
      やがて、丸ジイは、パンダ橋入口にやってきて足を止めた。
      可愛らしい花の鈴なりに、見とれているのです。

      202403191129437ce.jpeg

      「ほう。サクラに気をとられているうちに、『馬酔木(アセビ)』の花が、満開じゃのう。」

       歴史的文学の中に、たびたび、登場する花である。

      「気を付けなされ!キレイな花には、毒がある❣人間界と同じじゃのう。」

       すると、丸ジイは、公園入口に咲き始めている『ラッパスイセン』を思い浮かべた。

      2024031914334119c.jpeg

      「スイセンも毒を持っているからのう。本当に、美しい花は、自衛手段として毒を持って
      いるのじゃろう。美しい花は、見るだけ❣決して、盗んではならぬぞ‼天罰が下る、とい
      うことじゃ。」

       丸ジイは、近くで咲き始めた、可憐な『ハナニラ』にも毒があることを知っている。
      野生の美しい花達は、こうして、種を存続させてきたのであろう。
      自然が作り上げた生存方法に、思わず感服した一日であった。
       

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *『夫婦別姓』問題に断‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 2章 第2回


       厳しい風雨が上野公園に吹き渡り、満開であった『オオカンザクラ』も散り始め・・・。
      しかし、上野公園の奥へ進み、噴水広場の隣では、『カンヒザクラ』が満開❣
      上野不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、緋色鮮やかな並木に、足を止め
      ていた。

      20240314081648707.jpeg

      「桜とは思えぬ、派手な色じゃのう・・・。」

       丸ジイは、これから始まる『ソメイヨシノ』の、桜まつりを思い浮かべていた。

      202403140817351ea.jpeg

      「『カンヒザクラ』は、花びらが散るのではなく、ガクごと落ちると言われておるのう。」

       丸ジイが感慨深げに眺めていると

      「ホー、ホケキョ❣」

       という、ウグイスのさえずりが‼

      「ソロソロ、ウグイスの嫁とりが始まったようじゃのう。このさえずりは、オスだけのもの。
      派手な婚姻色を見せるカモ達もオスだけじゃ!」

       人間達は、女性が派手な化粧&衣服を身にまとい、男性がひかれていく。
      滑稽だなと思いながらも 丸ジイは、疑問を感じ始めた。

      「多くの野鳥達は、愛する者同士で巣作りをし、子供も産み育て、家族を守るのじゃが・・・。」

       丸ジイは、夫婦別姓を訴える女性の傲慢さに顔をしかめた。

      「結婚してまで、自分は目立ちたいと欲張っている女性には、温かい家族は築けないのう。
      有無を言わさずに、家族を強引に従わせ、好き勝手に生きる!こういう女性は、浮気や離婚が
      つきまとうということじゃ。」

      20240314081648f00.jpeg

       丸ジイは、ふと、カッコウを思い出した。

      「カッコウは、澄み渡る声で鳴いてはいるが、子育てはしないのう。オオヨシキリ等、他の鳥の
      巣に卵を産みつけ、子育て放棄じゃ!」

       丸ジイは、最近の日本社会で、『自由』と、『怠惰、無駄、堕落、破壊』を勘違いしていることに
      危惧していた。

       「結婚とは、一人一人の歴史じゃ!氏族と氏族との結びつきであり、結婚とは、その証明なの
      じゃよ。夫婦別姓を言うなら、結婚せず、同棲生活を続ければいいだけのこと。子供が生まれれ
      ば、認知すればよいのじゃ!」

       夫婦別姓問題も同性婚問題も同じ。
      弁護士を活用して生活を続ければ、いいだけのこと。
      子供達は、親を選択できず、『親ガチャ』。
      常に、被害を受けるのは子供達‼
      卑怯なのは、『夫婦別姓』を訴える者は、『犯罪被害者』を前面に出すこと。
      遺産相続や、結婚&離婚を伏せて気ままに生きたいという根本を隠し。
      犯罪被害者に対しては、保護をすることと共に、特例措置を設ければよい。
      『夫婦別姓』や『同性婚』を主張する者は、常に、『犯罪被害者』や『トランスジェンダー』を利用し
      ている。
      『同調圧力』となって、マスクを外した賢者達に嫌がらせを続けてきたコロナ脳!
      そいつらが、根本にある悪を隠し、『夫婦別姓』『同性婚』を訴えており・・・。

      「一般庶民は、家族が一体となり、日々、コツコツと生きておるのじゃよ。知識人気取りの人間
      による、モラルハザードじゃ‼」

       丸ジイは、憤りながらも 上野公園の入り口に向かった。

      20240314081843f27.jpeg

      20240314081842585.jpeg

      「ウムウム!もうすぐ、ソメイヨシノが開花し、桜祭りの開始じゃのう❣」

       丸ジイは、提灯を見上げ、来週の華やかさを思い浮かべた。


      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *同性愛者による犯罪が急増‼ 
         日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 2章 第1回


       上野公園では、早咲きの『カンザクラ』が、葉桜へ。
      不忍池の『河津桜』も盛りを終え、葉が増えて。
      上野正面口の、両脇にある「オオカンザクラ」の巨木は、現在、超満開❣
      不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、早朝の花見が日課であった。

      2024031110365640b.jpeg

      「いよいよ、桜の花見の季節じゃ!新コロ禍も終え、今年の花見は、超満員となる
      じゃろう。」

       丸ジイは、マスクを外し、笑顔を取り戻している人間達を見ては、嬉しそうである。
      しかし、ある不安が脳裏をよぎった。

      「人間達は、長期にわたるマスク着用と引きこもりにより、精神が、破綻しておる。
      最近は、その反動と開放感もあり、堕落した行動が増えてきておるのう。」

       あちこちに捨てられている、マスクや空き缶。
      パンや、おにぎりの包み紙等も投げ捨てられている。

      「上野公園や、不忍池のあちこちには、ゴミ箱は多数設置されておる。しかし、その
      周辺に捨てられていたり。新コロ禍で、日本人の倫理観は、崩壊してしまったよう
      じゃのう。」

       春になりつつある昼過ぎに、丸ジイは、晴天の不忍池で、のんびりと浮かんでいた。

      202403111029212d2.jpeg

      よく見てみると、『シラサギ』が一羽、枯れたハスの中に潜んでいた。

      「サギじゃのう・・・。」

       沿道に目を向けると、一人の男性が、ベンチに腰を下ろしている。
      すると、そこへ女性らしき化粧をし、衣装をまとった人間が近づき、隣に腰を下ろして
      いった。
      暫らくすると、不忍池をジッと見つめている男性に対し、女性らしき人間は、何やら、
      語り掛け始めたのです。
      不忍池を見つめていた男性は、女性らしき人間に目を向けると、慌てて席を立ち、
      足早に、過ぎ去ってしまった。

      「人間の中にも サギは、おるのう。」

       丸ジイは、毎年、暖かくなると不安に思っていることが!
      夜になると、暗がりに乗じて、同性愛者の売春が横行していることである。
      時には、暴力事件に発展することもあり。

      「日本は、同性愛者の犯罪には甘い!異性に対する売春には厳しいが、同性愛者に
      よる売春には、緩すぎる‼」

       日が落ちると、丸ジイの姿は、パンダ橋の近くにあった。
      そこには、『フサザキスイセン』の群生が❣

      202403111033188ad.jpeg

      「真っ白で、美しいスイセンじゃのう。『白色』は、『博識』に通じるわい。イチョウには
      雌雄があり、メスの木には銀杏が!また、葉を見れば、雌雄の違いが判る。その他
      の生物にも雌雄同体があり、子孫を残すことことが出来、種の存続が可能じゃ!
      人間は、イチョウと同じであり、同性愛者同士では、子は生まれないのう。」

       丸ジイは『トランスジェンダー』問題解決には、まだまだ、時間がかかると感じていた。

      「一番の被害者は、同性愛者による犯罪の被害者じゃ‼同性愛者による犯罪に対し、甘い
      日本!同性愛者による犯罪の被害者は、誰にも相談が出来ず・・・。また、数十年たっても
      その忌まわしい犯罪は、トラウマとなって残り・・・。」

       同性愛者による犯罪の究極は、同性婚の合法化であり、養子縁組。
      そこには、被害者となる幼児、子供達がいることを忘れてはならない‼
      日本では、多くの弁護士がいるが、全然、活用されておらず。
      同性婚問題は、弁護士活用で、簡単に解決できる。


      「同性愛者による犯罪の実態を隠し、性差別問題を訴える者達よ!共産、社民、れいわ
      立憲の議員達よ!貴方がたは、悪辣な同性愛者達に、利用されておる‼それが理解でき
      ぬか?ならば、全国の警察官は、同性愛者による犯罪実態を公開しなされ‼」

       丸ジイは、人間界のリーダー達の過ちが、日本崩壊に向かっていることが、気にかかって
      ならないのであった。

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *不忍池の主から全国民へ❣
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 1章 最終回


       上野不忍池は、枯れたハスの刈り取りを終了し、いよいよ、春の気配❣

      20240301142338751.jpeg

       不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、上野公園正面に咲く
      『オオカンザクラ』の下で、のんびりと、枝先を見つめていた。

      20240301142514b6e.jpeg

      「マスク着用続け、他者との交流を避けるコロナ脳達よ!貴方がたは、どのような世界を
      目指しておるのかな❓マスクを外した賢者達に対し,差別、べっ視、嫌がらせを続け・・・。
      マスクを外した賢者達が、毅然として立ち上がり、孤軍奮闘!全体主義者との戦いを続け
      てきたから、経済再生が始まったのじゃよ。コロナ脳が、のさばったままでおったならば、
      日本は、未だに言論弾圧のまま‼マスク強要の奴隷社会が続いておったであろうのう。」

       丸ジイの視線の先では、日を増すごとに、『オオカンザクラ』の開花が進んでいった。

      「全国民よ!桜の開花と共に、マスクをせず、『花見』を楽しみなされ!人間が『生きる』
      ことを 再確認しなされ!また、貴方がたにマスク強要を続けてきた、差別主義者の
      重症コロナ脳達を批判し、追及しなされ!それが、自由への戦い❣また、平和の礎と
      なるのじゃよ。」

      20240301142516d3e.jpeg

       不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、常に、人間になりたいと願っていた。

      「今回の新コロ禍を振り返ると、人間でなくて良かったのかのう。善人がデマに踊ら
      され、同調圧力となり。マスクを外した賢者達に対し、差別、べっ視、嫌がらせ続け
      るという悪行を行い・・・。本来は、社会的弱者にある者が、より少数の弱者である、
      マスクを外した賢者達に対し、ヒステリックな攻撃を行い・・・。」

       丸ジイは、きらめく朝日に目をやった。

      「コロナ脳は、悔い改めよ‼全ては、一からの出直しじゃ!自らの過ちを悔い改める
      ことのない、重症コロナ脳は、永遠に生気地獄を生きることになるじゃろう。」

       丸ジイは、全国民に究極のメッセージを送ることにした。

      「コロナ脳は、24時間365日マスク着用続けよ!マスクを外した賢者達は、逆に、
      24時間365日マスク着用するな!天の審判は、逃れることが出来ない。中途半端
      は、許されないぞ‼」

       大自然の、大いなる意思である『創造主』の言葉は、丸ジイにより、全国民に、
      語られた。
      また、これは、日本人に対しての『審判』でもある。

       今回をもって、日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story❣』第1章を終了させて
      頂きます。
      ご愛読、ありがとうございました❣


      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *千変万化に生きる‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 第20回


       2日前は、春爛漫❣
      上野不忍池は、河津桜が、超満開で・・・

      20240220205352234.jpeg

       不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、23度を超える陽気に、ビックリ‼
      不忍池で、河津桜の前から、動くことが出来なかった。

      「ワシは、上野公園の桜に気を取られていたのじゃが。さくら通り近辺を歩いている間に
      不忍池の河津桜が満開になっていたとはのう・・・。」

      20240220205531b70.jpeg

      「上野公園交番裏の、オオカンザクラは、徐々にツボミを膨らませ、ゆっくりと開花を
      始めているが・・・。この河津桜は、アッという間じゃった!まるで、この初夏の陽気を
      見据えたかのように満開になったのう。」

      20240220205600f3f.jpeg

      「満開の河津桜は、これより続く寒さの中で、どれほど持ちこたえることが出来るかのう。
      桜達もまた、大自然の変化の中で、戦い続けておる。一足先に春を感じ、早くから開花
      していた『カンザクラ』。じっくりと態勢を整え、ゆっくりと開花を進める『オオカンザクラ』。
      状況を読み取り、一気に開花した『河津桜』。まるで、兵法じゃのう・・・。」

      202402202056022c1.jpeg

       丸ジイは、大きく首を伸ばし、満開の桜に見入っている。

      「河津桜は、濃厚な色を発し、人々の目を引き寄せ、魅了させるのう。わずか3本だが
      確実に印象に残るワイ。」

       丸ジイは、強烈な日差しを浴びせる空を見上げた。

      「天の動きに逆らうなど、到底無理なことじゃ!これより先続く冷え込みにも 臨機応変に
      対応していくことじゃのう。」

       丸ジイが感慨深げに眺めていると、隣の桜の枝に、一羽の小鳥が!

      「ホー、ホケキョ❣」

      「おうおう。この異常な暖かさに、ウグイス達も惑わされたようじゃ。とはいえ、間違いなく
      春は近付いておるのう。」

       丸ジイは、枯れたハスが刈り取られる中、残された枯葉群の中へと、姿を消していった。

      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *上野公園の桜に降雪の試練か?
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 第19回


       東京は、暖冬❣
      上野公園のサクラも 開花が始まり・・・。
      不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、小松宮像の下にいた。
      像の前で8分咲きの、『カンザクラ』を見上げているのです。

      20240218185410f7f.jpeg

      「カンザクラは、最初に咲く品種。これより、オオカンザクラや河津桜が開花し、いよいよ
      ソメイヨシノで、桜祭り本番という流れじゃのう。」

       丸ジイは、桜の開花が、何よりも楽しみであった。
      咲く花に違いのある、数十種類の品種のサクラが、日を追って開花❣
      『上野公園の桜フェスティバル』が、スタートするからです。
      その先手を行くのが『カンザクラ』!
      しばし見とれていた丸ジイは、早朝で、人通りのない『さくら通り』を上野公園正面口に
      向かった。
      交番の裏に行き着くと、一本の桜の大木の下で足を止めたのです。

      「ほう・・・。オオカンザクラも開花しておるではないか!」

      20240219044006f6a.jpeg

      20240219044004c64.jpeg

      「桜の花は、日増しに増え、毎日の変化が楽しみじゃ!」

       丸ジイは、桜の時期を迎えると、毎朝ウキウキ❣
      桜の大木を見上げながら、『さくら通り』を行ったり来たり。
      咲くのも早いが、散るのも早い!
      一日一日が、勝負といった感じだからです。

      「サクラ無くして、何がこの世の憂いかな・・・じゃのう。」

       丸ジイは、ふと、空を見上げた。

      「数日後には、雨が降り始め・・・。やがて、降雪となるかのう。冷え込みが続きそう
      じゃ!この時期は、天気の変化が、桜の開花に、大きな影響を及ぼすからのう。」

       動物も人も桜も同様。
      丸ジイは、大自然の流れの中で、生かされていることを改めて気付かされた。

      「毎年毎年、桜でさえ、雨風雪に悩まされ・・・。それでも 精一杯の花を咲かせて
      おる。人の一生も 同様じゃ!大自然の猛威には、逆らえぬのう。過去は、捨てる
      しかないんじゃよ。一生懸命、生きることを考えようではないか!耐え忍び・・・。
      一歩一歩、小さな努力の積み重ねが、明日には、大輪の花を咲かせることになる
      のじゃから。」

       東日本大震災、熊本地震、千葉台風等々。
      能登地震だけではなく、自然災害は、常に付きまとい、永遠に続く。
      丸ジイは、澄み切った空を見上げた。

      「大きな破壊の後は、大いなる創造へ❣迷うな‼覆水盆に返らずじゃ。夢を見なされ!」

       丸ジイは、能登の被災地に向かって、祈りを捧げるのであった。

      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *上野公園の草花は七転び八起き❣
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』 第18回


       先週は、東京上野公園に、突然の降雪!
      多くの草花達が被害を受け・・・。
      不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、パンダ橋近くに群生している
      『エチゼンスイセン』の前で、顔をほころばせ、何度も何度もうなずいていた。
      大雪に、花は散ってしまい、茎は倒されていたのだが・・・。
      あれから、わずか一週間で、皆、起き上がっっていたのです❣

      20240214151301dbe.jpeg

      「降雪で、なぎ倒されていたのじゃが・・・。わずか一週間で、よう、ここまで立ち直り
      なさったのう。」

       今年の東京は暖冬で、草花達も一足早く、花を咲かせ始めていた。
      降雪で、あちこちの花は落とされてしまい、春の草花の開花を楽しんでいた丸ジイは、
      落胆の日々を送っていたのです。
      丸ジイの目から零れ落ちた一筋の涙は、エチゼンスイセンの頭上へと、流れ落ちて
      いった。
      すると、『エチゼンスイセン』達は、声をそろえ、丸ジイに答えたのです。

      「七転び八起きですよ❣」

      202402141512394b5.jpeg

       丸ジイは、『エチゼンスイセン』に、顔を近づけ

      「一生懸命生きているモノは、輝いているのう。頑張れ❣」

       と、囁いたのです。
      すると、エチゼンスイセン達は、一斉に身体を左右に揺らせ、丸ジイに答えた。

      「たとえ、故郷を離れても 『越の国の不屈の精神』は、永遠ですよ❣」

       はつらつとしたエチゼンスイセン達の姿に、丸ジイの目からは、零れ落ちる涙が、
      いつまでも止まらなかった。


      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *マスクは『増す苦』‼
        日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』第17回 

       上野不忍池のハスは枯れ、日々、刈り取られて、水面は鏡のように穏やかな輝きを❣

      202402120648023d5.jpeg


       不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、水鳥達と共に平和を感じながら
      水面を漂っていた。

      「この世は、常に、変化しておるからのう。植物達もまた、同様じゃ。月日が過ぎれば
      葉が茂り、やがて、美しい花を咲かせることになるじゃろう。」

       丸ジイの脳裏には、昨年の情景が映し出されている。

      20240212091714dfd.jpeg
      2024021209155510c.jpeg

       鳥達が、暖かな日差しに目を細め、水面を漂っている中、沿道では、マスクを着用
      した若者のカップルが、通り過ぎていったのです。
      丸ジイは、思わず首を傾げてしまった。

      「はてな❓周辺には、誰もおらず、あの間抜けな若者達は、何を恐れてるのかのう。
      ああいうカップルは、破綻するのが、目に見えておる。醜い心を隠し続け、お互いが
      不信感を拭えないからじゃろう。マスク着用を続け、顔さえも見せず・・・。」

       丸ジイの脳裏には、ある言葉が浮かんだ。

      「仮面カップル達よ!マスクは、『増す苦』じゃ‼」

       マスクを着け、過ぎ行くカップルに向け、樹上のハシブトガラスが声を張り上げた。

      「アホー❣アホー❣」

      20240212091114fdd.jpeg

       翌朝。
      不忍池の主である『丸ジイ』の姿は、上野公園の『さくら通り』にあった。
      足を止め、ある樹木に顔を近付けている。

      「沈丁花のツボミが、大きくなってきたのう。香りは、まだまだか・・・。」

       丸ジイは、辺りを見回してみると、何となく暖かさが増してきている。

      「能登被災地の方々よ!春は、もう、そこまで来ておる。一旦、集団避難&移転
      しなされ❣断捨離じゃ‼捨てなされ!未練を‼執着を‼今必要なのは、心安らげる
      場所で過ごし、夢を見ることじゃ!」

       丸ジイは、能登被災地の空に向け、祈りを捧げていった。

      2024021206491286c.jpeg


      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *もうすぐ春は来る❣日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』第16回

       東京は、暖冬の日々が続いていたが、遂に、降雪となり。
      上野公園も辺り一面が、白一色に❣

      20240207121846e0a.jpeg

       やがて、不忍池の主である巨大スッポンの『丸ジイ』は、あちこちを散策し始めた。
      雪の中とはいえ、さすがに『さくら通り』は人通りが多く、あっという間に踏みしだかれ。

      202402071151204ff.jpeg

      「諸行無常じゃのう・・・。」

       丸ジイは、気になっていたパンダ橋を目指し、倍速で歩き、近くまで辿り着くやいなや、
      呆然と立ち尽くした。

      「やはりのう・・・。エチゼンスイセン達には、酷な大雪じゃったか!」

       眼前には、先日まで華やいでいた群生エチゼンスイセンの、無残な姿があった。

      「花は散り、茎は倒され・・・。一足先に、春を感じさせてくれておったのじゃが・・・。」

       丸ジイの前では、暖かな日差しにより、徐々に雪が解け始め、エチゼンスイセン達の
      全貌が明らかになっていったのです。

      「大自然の力には、勝てんのう・・・。」

       丸ジイの目から、一筋の涙が零れ落ちていった。
      すると、花を残していた一本のエチゼンスイセンが、ピーンと頭上の雪を弾き飛ばし
      丸ジイに言葉をかけたのです。

      「大丈夫ですよ❣私達は、この程度の雪には負けません!」

       その声を合図に、一本、また一本と雪を弾き飛ばし、起き上がり始めたのです。

      「越前の雪は、こんなものではありませんから。私達には、不屈の精神が、受け
      継がれておりますよ!」

       起き上がったスイセン達は、一斉に声を上げた。

      「丸ジイさん❣春は、もうすぐ、そこに来ていますよ!」

       エチゼンスイセン達の起き上がろうとする決意に、丸ジイは、ウンウンとうなずき
      静かに見守っていった。

      「能登の被災者達よ!この世に、永遠に変化しない物などない。大いなる破壊の
      後は、大いなる創造が始まるのじゃ❣」

       丸ジイは、暖かな日差しの先にある、能登の被災地に向かい、声をかけていった。

      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣


      *被災者よ、生きるんだ ‼
        『日本再生講話『上野で偲ぶ・・・不忍池Story♡』第15回


       上野不忍池のハスは枯れ、いわばガレキ状態! 
      湯島寄りのハス池から、専門家がボートに乗り込み、ガレキ処理開始。
      一旦、ハス池は、更地状態となり・・・。
      やがて、新芽が顔を出し、葉が茂り、大輪の花を咲かせ❣

      20240202122715cf5.jpeg

      20240202144034933.jpeg

       寒さが日毎に増し始め、不忍池の主である巨大スッポン『丸ジイ』の姿は、
      上野東照宮の『ぼたん苑』にあった。
      人気(ひとけ)のない早朝に、長い首を伸ばしては、『冬ぼたん祭り』に、心和ませ・・・

      20240202091938545.jpeg

       丸ジイは、毎年感じている。

      「ぼたん園を管理している者達の、熱意と愛情が、神々しいボタンの花を咲かせて
      おるのう。管理している者抜きでは、到底咲かせることなど無理じゃろう。」

       丸ジイは、澄み切った空に目をやった。
      その先には、能登の被災地が映し出されている。

      「被災者達よ!全国の自治体が、貴方がたの為に万全の体制をとり、今か今かと
      待ち焦がれておるのじゃよ。甘えなされ❣貴方がたは、十分、日本経済を支えて
      きなさった。命からがら逃げ伸び、現在のまま生活を続ければ、倍以上の速さで
      命を縮めていくことになるのじゃよ!」

       丸ジイは、ゆっくりと、パンダ橋に向かっていった。
      そこには、『エチゼンスイセン』が群生しているのです。

      20240202084728c64.jpeg

       丸ジイは、エチゼンスイセンの香りを嗅ぎながら呟いた。

      「エチゼンスイセンは、越前の地が発祥の、スイセンの一種じゃ。遠く離れ、
      この東京上野の山で、すっかり根付き。代を重ね、群れを成すことになった
      のじゃよ。住めば都❣若ければ、新天地に溶け込むのは早い!しかし、高齢
      ともなれば、引っ込み思案になり、馴染み難いものじゃ。しかし、残された人生
      無駄にしてはならぬ。」

       丸ジイは、日を追うごとに花を増やしているエチゼンスイセンを見渡した。

      「被災者達よ、座して死ぬな‼全国の自治体では、貴方がたを待っておるのじゃ。
      三途の川を渡るのに、必要なのは、渡し賃『300円』だけ!その他の物は、持って
      いかれんのじゃよ。貴方がたは、天に導かれておる。執着を捨てることじゃのう!
      知人や友人同士、地域ごとに集団で移転しなされ❣」

       丸ジイの脳裏には、東日本大震災や熊本大震災、千葉台風の惨状が
      走馬灯のように駆け抜けている。

      「能登の被災者達よ!地震&津波により、壊滅的な被害を受けた港湾や街は
      数年単位での復旧&復興になるのじゃよ。がれきを撤去し、一旦更地にし。
      再度、地質調査後、災害に強い街づくりに向け、青写真・設計&予算を組み。
      インフラ整備から始まり・・・。」

       丸ジイは、先の長い復旧&復興事業にため息をついた。

      「港湾も同様じゃ!港も海底も変形し、全ては、ゼロから作り上げるのじゃよ。
      また、気候変動により、海に囲まれた火山の国である日本では、自然災害を
      受けやすく、同地で同様の災害は、再来し易いのじゃ!今後、ボランティでは、
      賄いきれず、専門業者と、生活保障を受けた地元住民達による、災害に強い
      街の創生‼️それまでの過程や、街づくりは、日本だけではなく、世界の未来に
      つながり・・・。高齢者は、今まで日本を支え続けてきたのじゃから、無理をする
      ことはないのう。これからは、新天地を求め、見聞を広げ、『歴史の証言者』と
      なり、語り継いでほしいのう。」

       丸ジイは、スッポンであるからこそ、水の脅威も十分過ぎるほど理解!
      最後に、被災者達にメッセージ❣

      「今後、海での支障が全国に広がるのう。能登の海は、特に注意することじゃ❣
      海上での輸送&復旧&復興に当たる方達は、焦らず、用心して下され!」

       丸ジイもまた、一歩一歩大地を踏みしめながら、不忍池へと帰っていった。

      次回に続く❣

      これ以降の記事は、
      前回までの記事抜粋❣



      ◎日本人に天の裁き!!
          『最後の審判』開始!
         
       思想・宗教・政党の違いを超えて、
        世界平和への祈り・・・      


      『世界賢者会議』  調和と共生 『日本イッキ連』 
          チーム 『ブッポウソウ』 
               リーダー  最後の預言者『聖仙』


       新コロ禍の3年で、日本は多くのモノを失ってしまったのう。
      日本経済はボロボロ!
      中小零細企業は、倒産、廃業、失業、自殺等々
      壊滅状態じゃ。
      これを回復させるには、時間がかかるのう・・・
      何故かって?
      新コロ禍は人災であり、日本人の精神は破壊さててしまったからじゃ!
      視聴率稼ぎで、インチキやデマを飛ばし続けた無能学者&増すゴミ!!
      それを信じ続け、コロナ脳となり、また、同調圧力となり
      正義に立ち上がったマスクを外した賢者達に対し
      差別、蔑視、嫌がらせを続け・・・
      この、腐った精神を叩き直すことから始めないと
      日本経済の回復は進まず、また、世界では通用せず
      世界の盟主となりえず、世界平和など、ほど遠いものと
      なってしまうのう。

       ワシは、最後の預言者として
      天に導かれ、また、ワシが動くとき天が動き
      この腐った日本人の精神を叩き直し
      『神仙の国 日本』から、世界平和に向かうぞ!!
      これ以降
      予知夢解読をもとに、様々な警告や政策&提言を続けていくと
      するかのう。
      これを目にした者は、できるところから、実行に移して生きなされ!
      良いかな❓
      以後、ワシの公開するモノは、天の裁きであり『最後の審判』
      人類の淘汰であり、
      ワシに反対し歯向かう者には、大きな裁きが下るぞ!

      ◎日本再生&経済回復に向けて

      ①公務員&大企業経営陣&社員は金を使え!

        今回の新コロ禍は、人災!!
       無能学者&増すゴミが視聴率稼ぎの為デマを飛ばし
      それを信じた公務員&大企業が同調圧力となり、日本経済はボロボロに!!
      それにもめげず、中小零細企業は、一生懸命に働き
      モノ作り日本を支えてきた。
      しかし、3年の月日は長すぎた!
      モノ作り企業のみならず、生産機械製造会社までが倒産&廃業の事態!!
      業界自体が崩壊し、これを復活&再生させるには、時間がかかる。
      まずは、新コロ禍を作り上げ、同調圧力のもととなった公務員&大企業は
      ドンドン金を使い、市場を活性化させろ!!
      同調圧力となったコロナ脳は、小心のケチ臭い人間ばかり‼
      しかし、経済的に余裕があるのは、公務員と大企業。

       さてと。
      新コロは冬の流行り風邪‼
      古より、冬風邪の4割近くは『旧コロナ』
      風邪をこじらせれば『肺炎』になり、重症化すれば死亡するのじゃ!
      ワシは、幼い頃、風邪をこじらせ肺炎となり、一旦死亡
      母が、お茶に塩を混ぜ、ワシの口に含ませると
      医者の前で、息を吹き返したのじゃよ。
      60年の時を過ぎた現在でも
      あの時の『天国』の情景は鮮明に覚えておる。
      世界で唯一、死後の世界を詳細に語れる者と言うことかのう。
      ワシは、その時から、現在の新コロ禍を終息させるために
      天に、導かれてきたということじゃ!
      ブッダの再降誕❓
      キリストの再降臨❓
      全救世主の運命を背負って降臨したということかのう。

       マスク着用続け、酸欠による免疫力低下
      マスクで激しい口呼吸となり、ノド粘膜荒れ発症‼
      新コロワクチン接種は、mRNAの筋肉注射
      正常な筋肉細胞は、mRNAとスパイク合体しにくく、体内を移動‼
      自然免疫力は、無意識の内に始動
      しかし、死なずに体内移動するmRNAに、免疫力の司令塔はパニック‼
      誤作動を起こし、味方にさえ攻撃し始め
      これが、過剰免疫‼
      複数回接種し、過剰免疫常態化による免疫不全‼
      現在、インフル&結核が流行しているのは、このことからじゃ!
      自然免疫力が、大幅に低下ということじゃのう。

      ◎これ以降の記事は、前回までの抜粋❣

       新コロワクチン❓
      こんなものは、ワクチンではないのじゃよ!
      ウィルスを弱体化させた生ワクチン、
      インフルエンザのように不活性化させたワクチン。
      新コロワクチンは、遺伝子操作した毒液であり
      ワクチンにあらずじゃ‼

      遂に恐れていたことが・・・
      複数回接種者は、免疫不全となり、様々な感染症の餌食となる
      と、Twitterで、口が酸っぱくなるほど警告してきた!
      エイズ、帯状疱疹等々
      また、すい臓ガンの発症者が増え・・・
      免疫力の要である肝臓の悪化『肝炎』も出始め・・・

       生き地獄は、これからじゃよ‼
      今夏、炎天下でマスク着用続け、酸欠により免疫力低下
      2年以上も外出自粛続け、肥満、免疫力低下は、一層進み
      筋肉注射で新コロワクチン接種後
      ワクチンは細胞とのスパイク合体が進まず体内を移動
      自然免疫力は、無意識の内に始動し、過剰免疫!
      新コロワクチン複数回接種で、過剰免疫常態化による免疫不全‼
      新コロと皮膚病の併発で悩むだけじゃなく、熱中症とあわせ
      トリプル発症‼
      救急医療崩壊じゃ‼

       ワシは、『ミロクボトケ夢聖人』として、Twitterで公開続けてきた。
      新コロの真実と収束方法を!
      信じる者は救えるが、信じない者は救えない。
      ワシは、マスクせず、一度も新コロワクチン接種せず未発症‼
      強欲都知事と正反対に生きてきた結果ということじゃ!
      感染を恐れるな‼
      キス、ハグ、性交で確実感染
      全人類感染する運命!
      肝心なのは、未発症で撃退か、軽症で抗体完成させること。

       子供にマスクさせるな‼
      新コロワクチン接種させるな‼
      子供達は、大声出しながら駆けずり回り、腹式呼吸を覚え、
      細胞は成長し活性化。
      免疫力は最強‼
      子供達は、様々な病気にかかり、抗体を完成させていくのじゃよ。
      人間も変異するということ!
      貴方がたの中に、幼少時から、一度も病気にかかったことのない者は
      おるかな❓
      それはまた異常であり、大人になってからのオタフクかぜや風疹は
      命取りになるということじゃのう。
      子供の病気は、当然のことだと意識を改めなされ。

      マスク外した賢者達
      天に選ばれし者達よ‼
      貴方がたの大事な家族、友人達を守りなされ!
      今夏、天にツバ吐く者達は、生き地獄‼
      貴方がただけが、無事、生き残りなされ!
      何度も言うぞ‼
      感染しなければ抗体は完成されない!
      感染を恐れるな‼

      これ以降、前回までの記事抜粋です!

       愚かじゃ!
      日本人は、愚かすぎる‼
      マスクしようと、しまいと、新コロは感染するのじゃよ。
      新コロは、粘膜荒れから細胞に侵入。
      スパイク合体後増殖開始。
      目、鼻、口腔空間、胃腸、性器等々
      全身の粘膜荒れから、細胞に侵入!
      キス、ハグ、性交で確実感染。
      全人類感染する運命‼
      重要なのは、感染しても未発症で撃退か、軽症で抗体完成、継続させる
      ことじゃよ。
      つまり、自然免疫力を強化せよということ。
      マスクを外し、正常鼻呼吸で適度な運動!
      誰もが出来るのは、歩け歩けじゃ。

       大体、首都圏の朝、通勤電車では、触れ合いながらのギュウギュウ詰め。
      これを解決しようともしないで、新コロ感染を収束できるか、愚か者‼
      強欲都知事を始めとする、アホな都道府県知事達
      無能学者&増すゴミ、航空&鉄道&バス会社経営陣
      マスクして引きこもる役立たず国会議員達
      貴様ら、全ての間違いが、日本崩壊に突き進んでいるのじゃよ。
      天にツバする邪悪な者達に、天の裁きが下されているのだということを
      思い知れ‼

       ワクチン接種❓
      お笑いじゃのう!
      遺伝子操作したモノは、ワクチンにあらず‼
      インフルのように、ウィルス不活性化したモノとは違うということを認識せよ‼
      ワクチン接種による激しい副反応と、死者1,400人以上
      では、新コロによる、純然たるな死者は、何人なのかな?
      基礎疾患を有する者、病弱な高齢者が併発しての死者数を大げさに煽り
      国民に恐怖心を植え付け。
      無能な学者と増すゴミの罪は重い!
      徹底的に批判‼悪事を追及せよ‼

       愚かな宗教者達!
      マスク着用続け、引きこもり、弱者救済ができるか‼
      金儲けには、ご執心の様じゃのう・・・
      この、ボケナス共‼
      弱者を見捨てるなら、宗教など潰してしまえ‼


      ◎これ以降の記事は、
        前回までの記事抜粋です!


       教えの時は、過ぎたのう。
      これからは、行動あるのみじゃ!
      いわゆる、猛反撃開始と、とらえてくだされ。
      次に掲げる、新コロ最良対策『カクテル予防法』は、今まで訴えてきた
      『個別免疫獲得方法』の、簡略版‼
      マスク外した賢者達の、基本理論の一つにしてくだされ。

      ◎新コロ最良対策『カクテル予防法』
      ①マスク外し、歩け歩で免疫力強化
        接種で副反応、死者続出‼
        未発症撃退か軽症で抗体完成、継続には、免疫力強化のみ
        最も被害が少ない、安全な生き方
        自分の身体の無限の可能性を信じよう!

      ②人混みでマスクせず、ノド飴
       長時間会話後も同様
       感染は、粘膜荒れが全て
       マスク外し、粘膜潤して!
       飲料水携帯で、ウガイは必須
       会食後は、マスク着用、絶対ダメ‼
       ノド飴なめて粘膜潤して!
       睡眠時、暖房使用の際は『加湿』を!
       無意識に、口を開いて寝ています
       ノド粘膜荒れで、発症の大きな原因‼


      ③目の痒みや痛みに目薬
       子供達には、要注意!
       かゆみや、一瞬の痛みに対し、絶対に目をこすらず
       しかし、目や鼻からの多少の侵入は許して!
       抗体完成、継続には、多少の感染必要

      ④筋肉・関節・肩・腰痛に湿布薬
       思い当たる原因がないのに、突然の痛みは、新コロの仕業と思え

      ⑤皮膚病に保湿薬か塗り薬
       乾燥は、要注意!
       乾燥肌、もしくは湿疹等には、保湿クリームや、対症薬を塗って 

      ⑥突然の下痢に、下痢止めではなく胃腸薬
       思い当たる原因が無く、突然のシャワー状下痢
       痛みがないのにと思い、下痢止めはダメ!
       免疫力さえ抑えてしまうので
       細胞活性化で治療する、胃腸薬で十分! 

       複数同時に❣
      また、どうしても不安なら、アセトアミノフェン含有風邪薬同時に服用
      私は、『新ルルAゴールド』服用
      イブプロフェン含有の、強力な薬はダメ!
      細胞活性化で治療を考えて!
      強力な薬は、免疫力を抑える
      いわゆる、『過剰免疫』と同じ状態!


       これで、ワシからの新コロ対策は、終了じゃ!
      さあ、勇気を出してマスクを外し、
      自由に散策、自由に飲食
      『自由に生きれば、ええじゃないか!』
      右翼~左翼まで
      マスクを外した賢者達よ!
      天に選ばれし者達‼
      万物の創造主は、貴方がた、一人一人の心の中までお見通し
      『率先垂範』
      日本を再生せよ‼


      ◎これ以降は、前回までの記事抜粋!

      ☆パラリンピックを
        有観客で開催しよう‼

       人間には、無限の可能性がある!
      様々なハンデを抱えながら、超人的な記録をつくりあげていく姿を
      間近で見てもらおうではないか。
      現在、日本人は、見えぬ敵に怯え引きこもり、肥満となり。
      一気に、免疫力低下!
      また、現在の感染者爆増は、炎天下、マスク着用が原因‼
      新コロと熱中症を併発しておるのじゃよ。
      新コロと熱中症は症状が似ており、医者は見分けがつかず。
      まず、PCR検査を行い。
      陽性反応が出れば、皆、新コロ感染者として、カウントされていると
      いうことじゃのう。

       さて。
      前回までの記事で、新コロ撃退方法は、全て書いてある。
      現在必要なのは、短期間で、感染者を急減させること!
      それには、コロナ脳のリハビリをショッキングに、急速に進めることじゃ。
      まず、『コロナは茶番』では、対立するだけで、解決せんのう。
      それで、少し言い方を変えようではないか!

      *炎天下マスク着用続け、新コロと熱中症併発
      *マスク着用し息苦しく口呼吸になるのは、酸欠による生理現象
      *マスク着用で防げるなら、24時間365日マスク着用してみろ


      上記3点を軸にして、理論形成してみなされ‼

       もう一つ重要なのは、
      『マスクより、ノド飴なめて粘膜潤し、感染防止』
      を広げようではないか!
      炎天下、マスク着用続ける者を減らすことが、急務じゃ。

      ※これ以降は、前回までの記事抜粋です!
       まず最初に!
      何故、世界中の国々と比べ、日本は、桁違いに感染者・発症者が
      少ないのか❓
      これを解説するとしようかのう。


      ①『新コロ』は、冬の流行り風邪『旧コロナ』の変異
       いにしえより、旧コロナは、四季に応じ変異しており、日本人には
      基本的な免疫力あり

      ②欧米諸国は、あいさつが、握手、キス、ハグ
       日本のあいさつは『おじぎ』であり、接触が少ない!     

      ③欧米諸国は、シャワーが生活慣習
       日本は、お風呂&温泉で入浴の生活慣習
      これが重要‼
      後の項で、詳しく解説

      ④日本食は『医食同源』!大豆発酵食品文化と
      ブドウ産地による赤ワイン

       味噌、醤油、納豆等
      長崎大学大学院と製薬会社の共同研究で
      『アミノ酸『5-ALA』が、新コロ増殖完全抑制結果
      納豆&赤ワインに多く含まれている

      ⑤日本では、世界一の『ノド飴』が、安価で販売!
       ノドの粘膜を潤し続ければ、感染・発症者は、一気に激減‼

       以上から、東京五輪成功に向けて
      ☆短期間で、新コロ撃退方法

      ①お風呂、銭湯、スパ、温泉で入浴時、アゴまで浸かる!
       新コロは、荒れた粘膜から細胞に侵入、スパイク合体後増殖
      粘膜を潤して!
      湯気が、目、鼻、喉を潤し
      また、身体を温め、汗を流すことが、細胞活性化につながり
      免疫力強化される。
      健康な老人に感染少なく、発症者少ないのは、ノンビリお湯に
      浸かっているから。
      一番の感染、増殖、発症のもとである、喉まで温めるため、
      アゴまで浸りましょう!
      また、入浴前にノド飴をなめていれば、入浴中、唾液がノド粘膜を
      潤すと同時に、増殖初期の新コロを流し続ける!

      ②納豆料理と赤ワイン飲料を食習慣に!
       日本人は、納豆食に慣れていますが。
      日本人にも納豆嫌いはいますし、外国人には、なかなか、馴染め
      ないかも。
      そこで、納豆創作料理研究を!
      手っ取り早いのは、納豆巻きの発展系。
      海苔なしにしたり、甘さ抑えた稲荷ずしと合わせてみたり。
      独特の匂いを消したスナック菓子は、最高‼
      世界が市場になりますよ。
      赤ワインは、ズバリ『ソーダ割』で!
      国産赤ワインは、ジューシーで最適‼
      ボクは、安価なチリ産赤ワインのソーダ割を毎日飲んでます。

      ③新コロは、飛沫(ツバ)に隠れ宙を漂い!乾燥は敵‼
       湿気で飛沫を撃ち落とそう‼ 

       エアコン使用なら、加湿を!
      特に、睡眠中は口を開き。
      これが、感染・発症の元凶‼
      飲食店に責任転嫁は、大間違い!
      長時間会話でノド粘膜荒れ。
      飲食帰りに、汚れたマスクをポケットから取り出し着用。
      更に、激しい口呼吸で、ノド荒れ感染!
      睡眠中に口を開き、更にノド荒れ!
      増殖・発症‼
      つまり、飲食後は、マスクするな‼
      ノド飴なめて‼
      睡眠時は、エアコン使用なら加湿を!

      ④日本は、いにしえより『瑞穂の国』であり、『水の都』
       東京のみならず。
      全国民で潤いを与え、日本を冷やそう‼
      梅雨明けは、猛暑が待ち受けており。
      東京五輪中は、熱中症での救急搬送が予想されます。
      企業や自治体、自治会、建物主達よ!
      打ち水、噴水、スプリンクラー、散水車、放水車、ミストシステム等々。
      あらゆる方法で、水を撒いていきましょう!
      湿気は、新コロ飛沫に付着し、撃ち落とします。

      ⑤一人一人の存在空間を広げよう!
       外出自粛し、家にこもっていれば、家庭内が『三密』
      運動不足により、自然免疫力は低下!
      だから、家族感染が多数を占めているのですよ!
      大いに外出し、一人一人の存在空間を広げよう!
      公園へ行き、広場で遊び。
      細胞活性化で免疫力強化‼
      電車&バスは、増便し、遅くまで走らせ
      人流をゆったりと拡げて!
      飲食店の営業時間を遅くまで認めるのは、当然のこと!

      ⑥業種別時差出勤を!
       事務職出勤は、1時間遅れと、2時間遅れで。
      学校は、一時間遅らせ授業開始!
      役所は、1時間遅れで営業。
      2交代制導入し、日勤&夜勤で!
      また、ビジネスホテルと企業の契約で、遅い帰宅が予想される
      場合は、宿泊を!

      ⑦新コロは、マスコミが恐怖を煽り、国民は
      『マスク依存症』『外出恐怖症』

       このリハビリを開始しないと、経済は崩壊‼
      また、東京五輪開催中、マスク着用で、新コロ&熱中症&皮膚病の
      トリプルパンチ‼
      救急搬送激増で、医療崩壊に!
      マスクを外し、人混みに入る際は、ノド飴なめるようにして、マスクを
      外す生活に、戻しましょう!


      ※これより先は、前回までの記事抜粋です!

       全国会議員よ!
      全国の知事達よ!
      これより、簡単な新コロ撃退方法を公開するぞ。
      よ~く考え、実行に移しなされ。

       まず、とっても悪質なデマを飛ばしておる学者、研究者、医療従事者達
      がおる。
      これからは、『邪悪』な学者、医療従事者と、『善』の学者、医療従事者達
      との戦いになるということじゃ。

       最初に。
      邪悪な学者、医療従事者達の根本は、
      『腸チフスのメアリー論』
      でることを理解してくだされ。
      超簡単に説明すると。
      裕福な家庭に入り、給仕の仕事をしているメアリー。
      腸チフスにかかったが無症状。
      生果実を使用したデザートを提供し、次々に感染させていったというもの。

      邪悪な学者、医療従事者は、この論理をもとに、新コロ恐怖を煽り、テレビ
      Twitterで、次々に視聴者を騙し。
      また、差別、蔑視、嫌がらせを続けておる。

       これより、『腸チフスのメアリー論』者の、大間違いを解説するぞ。
      『腸チフス』は、『菌』。
      菌単独で増殖するので、人体内に入り、一気に増殖。
      無症状のまま、人体内に『腸チフス菌』は、膨れ上がるのじゃ。
      つまり、隔離しないと、無症状者が、一気に感染拡大する危険性。

       新コロは、『ウィルス』。
      新コロ単独では、絶対に増殖しない。
      つまり、体内に入っただけでは、増殖しないのじゃよ。
      荒れた粘膜から、新コロが、人体の細胞に侵入。
      細胞と合体し、増殖開始!
      しかし、これには段階があるのじゃ。
      一気に増殖しないのじゃよ。
      何故かって?
      人体には、自然免疫力があり、無意識のまま、行動開始するからじゃ。
      その段階を解説するぞ。

      ①粘膜が荒れても 人体の細胞が活性化していれば、細胞自体の抵抗力
       で、新コロ撃退!!
      ②荒れた粘膜から、新コロが細胞に侵入。自然免疫力との戦いになるが、
       圧倒的自然免疫力により、即撃退!!
       『抗体』さえ出来ず。
      ③荒れた粘膜から、新コロが細胞に侵入し、増殖開始。自然免疫力との
       戦いで、新コロ撃退!!
       この程度より、『抗体』完成!
       しかし、症状は、超軽症であり、『発症初期症状の前兆』と、定義。
      ④新コロが細胞に侵入し増殖。自然免疫力と、激しい戦い!
       その末に、新コロ撃退!!
      確実に『抗体』完成!
       『発症初期症状』と定義。
      ⑤新コロ有利に増殖進み。自然免疫力と激戦続き!
       ここで『発症』『発熱』

       『菌』と、『新コロ』の違いを理解できたかな?
      邪悪な学者、医療従事者達は、『腸チフスのメアリー論』により、
      『菌』と『新コロ』を混同しておるのじゃ。
      無症状の者が、感染拡大とデマを流し。
      国民は、『マスク依存症』『外出恐怖症』
      これでは、東京五輪は無理じゃ。
      ワシが、短期間で出来る新コロ撃退方法をこれより、公開していくぞ。
      東京五輪開催したければ、実行に移しなされ。

       では。
      これまでの解説により、新コロと、自然免疫力との力関係が全てである
      ことが、理解できたじゃろう。
      新コロに味方が増えれば、発症、重症、後遺症!!
      自然免疫力に味方が増えれば、新コロ撃退!!
      しかも早期に!
      これが、『予防』ということじゃ。

       まず、基本的なことを理解しなされ。
      新コロは、不利になると粘膜に潜伏。
      粘膜は、自然免疫力も入り込めない聖域。
      しかし、粘膜が正常であれば、細胞が活性化、自然免疫力以前に、
      細胞自身の抵抗力が強く、侵入されず。
      新コロは、空気感染しない!
      粘膜に潜伏し、飛沫、接触感染。
      キス、ハグ、性交で確実に感染!
      全人類感染の運命!!
      ,『感染しない、させない』『ゼロコロナ』は、大間違いじゃ!
      新コロを恐れるな!!
      感染していい!
      未発症で撃退!!
      ということじゃ。

       では、結論に入るぞ。
      新コロと、自然免疫力の力関係が全てじゃ!
      新コロの味方を減らし、自然免疫力の味方を増やすことが
      新コロパニック解決方法。

      ◎新コロの味方
      ①粘膜を荒らすモノ。
       乾燥、花粉、粉塵、ハウスダスト、超激辛飲食等々。
       ※最も悪なのが、マスク着用で動き回り、激しい口呼吸による
         ノド荒れ!

      ②自然免疫力低下させるモノ。
       運動不足
       偏食
       睡眠不足
       過労
       精神的疲労(ストレス)
       上記より、『外出自粛』は最悪!
       『テレワーク』は、ダメ!
       ※最悪なのは、マスク着用で動き回ること。
        息苦しくて立ち止まり、マスクを外して深呼吸するでしょう?
        酸欠状態!
        自然免疫力強化とは、細胞の活性化。
        細胞の活性化には、十分な酸素供給!

      ③『3密』ダメ!
        多くの人間が密室に集合すれば、新コロ含んだ小さな飛沫が充満。
        (エアロゾル感染)
        無防備な目から、大量に侵入。
        また、この中でマスク着け外しは、最悪!
        外した時点で、マスク内側に付着。
        付けた時点で、激しい口呼吸になり、一気に肺へ侵入!
        荒れたノドの粘膜から、細胞に侵入し増殖。
        ※マスク会食は、確実に感染、発症!!
         会食が問題ではなく、会食後、不潔マスクを着用し続け、激しい口呼吸
         のままでいるのが原因。
        
      ④新コロには、先手必勝。日々の健康管理。
        それを阻害する最悪のモノは、マスク着用。
        マスク着用により、顔面は温かくなり、体温の微妙な変化に気付かず。
        また、脳への酸素供給不足で、脳の機能低下!
        俊敏性は衰え、判断力が落ち、感覚が鈍くなる。
        つまり、無症状ではなく、微妙な症状が出ているのに、気付いていない
        ということなのです。

      ◎自然免疫力の味方
      ①マスクを外し、適度な運動で、細胞の活性化!
        誰でも簡単に出来るのは、『腹式呼吸で歩け歩け!』
       1~2秒、お腹を膨らませるように、鼻から大きく吸い、
       口から大きく吐きながら、歩け歩け。

      ②粘膜に潤いを!
        乾燥等々、粘膜荒れが、新コロ増殖の原因。
       外出時はマスクせず、飲料水、のど飴を持参。
       渇きには、うがいを忘れずに。
       人混みでは、マスクせず、のど飴舐めて!
       特に、会食後は、絶対マスク着用ダメ!!
       荒れたノドで、増殖開始される。
       目薬さし、のど飴舐めて、粘膜に潤いを!
       
      ③加湿して!
        部屋でエアコンやストーブ使用すると、乾燥状態。
       3千円程度で購入できるので、加湿器を使用して!
       特に、睡眠中は、口を開けています。
       枕元に加湿器を置き、『弱』にセットし、十分な睡眠を!

      ③医食同源!!
        免疫力の要である、肝臓機能強化の食事を!
       『ビタミンD』を含んだ、食材を欠かさずに。
       キノコ、サーモン、マグロ等々。
       もっと大切なことが!
       長崎大学大学院と製薬会社の研究で、アミノ 酸『5-ALA』により
       新コロ増殖の完全抑制が判明。
       古来より、人体に存在するモノ。
       全く人体に無害。
       『納豆』『赤ワイン』に、多く含有。
       お酒飲めない人は、朝食に『納豆』。
      食べ過ぎは、要注意!!
       偏食は、別の病気を呼ぶ。
       普段通りが、一番!
       納豆嫌いな人は。
       お酒好きなら、国産の安価な『赤ワイン』をコップに一杯!
       飲み過ぎは、二日酔いで逆効果!!
       納豆も赤ワインもダメなら。
       サプリメント服用。
       高くつきますけどね!

      ④新コロとの戦いには、先手必勝!!
        日々の健康管理。
       平熱時『発症初期症状の前兆』を感じたら、対症投薬を!
       予防・治療には、スピードが命。
       平熱であっても ちょっと変だなという不可解な症状を感じたら、
       風邪薬の服用を!
       大事なのは、『複合投薬』。
       軽い頭痛、セキ、くしゃみ、喉のイガイガ。
       肩こり、倦怠感、筋肉痛、関節の痛み。
       味覚異常、臭覚異常、腹痛、腰痛、手足指の赤色、
       目ヤニに、目のかゆみ、痛み、息切れ、動悸等々。
       平熱で、上記症状を感じた際の対症投薬。
       発症初期症状の『前兆』を感じた時点で、対症投薬することが重要。

      *肩こり、筋肉痛、関節痛には湿布薬を!
       『疲労残り』は、大敵!
       就寝前には、忘れずに。

      *1日3回の目薬。
        ここで、気を付けて下さいね。
        塩酸系の、成分を含んでいないものを。
        細胞の動きを抑え、強く症状を抑え込むモノは、逆効果。
        細胞の内部から、働く力をバックアップする成分のモノに。

      *人ごみの中へ出る場合は、『のど飴』をなめて!
        ビタミンC、乳酸菌、プロポリス、ハーブ含有のもの。
        もちろん、『龍角散ののどすっきり飴』は、なめてます。
        ミント、メンソール系は、鼻・喉の症状が思わしくないときになめ、
        胃腸の調子が良くないときは、一旦止めて、別ののど飴に。

      *風邪薬は、総合感冒薬より一段上のもので、『アセトアミノフェン含有』の
       ものを。解熱作用の強い、『イブプロフェン含有』のものは、ダメ!
       ボク自身は、『新ルルAゴールド』を服用しております。

      *下痢をしたり、軽い腹痛を感じた場合、胃腸薬の服用を!
         思い当たる原因が無く、腹痛も無いのに、軽い下痢を起こしたり、突然
         シャワーのような下痢をした場合。
        下痢止めは、ダメ!
        少し、ソフトな効き目の、『第一三共胃腸薬プラス』とか『新セルベール整胃』
        を服用して。
       
        ※上記の『複合投薬』を『個別免疫獲得』方法として定義。


      臥竜よ目を覚ませ!
       鳳雛よ羽ばたく時を知れ!
      天の時、ここに至る
      いざ、戦わん!
      マスクを外し、総結集せよ!!


      テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
      2024_04_12


      03  « 2024_04 »  05

      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      - 1 2 3 4 5 6
      7 8 9 10 11 12 13
      14 15 16 17 18 19 20
      21 22 23 24 25 26 27
      28 29 30 - - - -

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      小説・文学
      164位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      SF
      3位
      アクセスランキングを見る>>

      i『大地の愛』フォトギャラリー

      ありがとう! 下記をクリックして下さいね。

      いつでも待っているからね! 貴方は一人じゃないんだから。

      癒しのパワースポット!

      ゆっくり、眺めていってね。

      FC2Blog Ranking

      今日は、ありがとう! 上記をクリックしてね。

      癒しのパワースポット!

      *『大地の愛』フォトギャラリー      心のジャーナリスト

      月影流水

      Author:月影流水
      もう一度、『生きる』ことを 
      感じてみようよ。
      貴方は、一人じゃないんだ。
      『地球』は、貴方のことを
      いつも 見守っているんだよ。

      ゆっくり、眺めていって下さいね!

      天気予報


      -天気予報コム- -FC2-

      検索フォーム

      ブロとも申請フォーム

      QRコード

      QR




      page
      top