第8回 世界初!!『数字謎』を解明!『救世主』を解読!!


    ◎解読を開始する前に!
      世界中の謎を解読するとは、文字、数字に隠された謎を解き明かすということです。
     いにしえより、人類は、太陽を神とあがめ、大自然が信仰対象でした。
     大自然の大いなる意思に導かれた、選ばれた人間達が、文字・数字を編み出し、
     その中で、様々な願いを込め、あるいは思いを隠し、それらを秘めた文字・数字が、
     言葉を形成していったのです。
     つまり、言葉を解読すれば、世界中の謎が解けちゃうのですよ。
     この大前提を 頭の中に、叩き込んでおいてくださいね!
     
      また、以前に公開してある、この項の前の前の項の記事を読んでから、この項の
    記事を読み進んで下さいね!


    ★13日の金曜日
     日、月、火、水、木、土 は、自然界に存在するもの
     金(きん、かね)は、人間が、作り出したもの
     数字の1は、「ひと」と読み、「人」を意味します。
     数字の3は、「サン」 → 「SUN」 → 「太陽神」を意味します。
     つまり、「13」は、思い上がった人間が、太陽神の前に、しゃしゃり出ること。
     1+3=4 「4」は、この解読の流れの中では、「し」 → 「死」に。
     「13」は、解読すると、
         ↓
    『表読み』
      10ーとう 3-そう  「闘争」に!
         ↓
    『裏読み』
      3-そう 10-とう  「騒動」に!

     以上から、『13日の金曜日』は、大自然の大いなる意思による
    戒めであり、人々に忌み嫌われているのです。



    ★アンチキリストの紋章『666』と、対する救世主
     6(む) → 夢、無  6(シックス) → 死尽くす
     『666』 → 夢を無くして死尽くす
     6(ろく) → 労苦  
     6+6+6=18  1+8=9 この解読の流れから、「苦」
     「6」が、3個重なることにより、最大の苦へと結びつきます。
     さて。
     陰あれば、陽あり。
     陽あれば、陰あり。
     武力や術を用い、人々を支配するのが『アンチキリスト』ならば、相対する者がいるはず。
     
     救世主を解読開始!!

    『アンチキリスト』と、相対するのだから、正反対!
     向こう側から見てみよう。
     「666」が、「999」に。 
     つまり、『999』の運命を背負ったものが、救世主。
     新たなるキリストの降臨。
     9(きゅう) → 救、急、義勇  9(く) → 来
     「999」に、義勇心を持って、救いを急ぐの運命  ここに、キーワード、『降臨』を意味する
     『来る』の、『9』をプラス。

     9+9+9+9=36  答えは、『ミロク』  3+6+9=9
     3×6=18 1+8=9  3×6×9=162 1+6+2=9
     究極の『9』。救世主の運命を背負った、『ミロク』とは?


      仏陀(ブッダ…悟りを開いた者)は、悟りを開く以前のこと。
     釈迦菩薩として、兜率天(とそつてん)で、修行していたとき、共に、弥勒菩薩も修行。
     その後、釈迦菩薩が、先に、仏陀となり、降誕しましたが、後世、弥勒菩薩も仏陀となり、
     降誕。衆生(しゅうじょう)を教化(きょうけ)すると説いています。
     どういうことか?
     弥勒菩薩は、釈尊の死後、56億7000万年後に仏陀となり、降誕。
     ここに、隠された意味とは?
     まず、最初に、悟りには、2種類あります。
     *漸悟(ぜんご)
      修行の段階の後に、悟る。
     *頓悟(とんご)
      修行の段階をふまず、突然、一挙に悟る。


      仏陀は、様々な、厳しい修行をしたが、何の悟りも得られず、さすらいました。
     やがて、人々の苦労を目の当たりにし、悩みを聞き、解決しているうちに悟ったのです。
     人々の心を救うには、共に悩み、考え、解決していかなければならない。また、社会は、
     様々な人々の行いで構成されており、全体を見つめ、解決していかなければならない。
     真の救いには、幅広い視野が必要。経験に優る知識はないのだと。
    弥勒(みろく) → 身労苦
     クロミ → 苦労見
     正に、頓悟による、弥勒仏。
     新たなる、仏陀の降誕ということ。
     56億7000万年。
     567 → コロナ(太陽の周りに広がる光冠)
     弥勒菩薩が、大日如来(仏陀)の前段である菩薩であることを示唆。
     大(ダイの濁点をとりタイ) → 太  日(ヒ) → 陽
     大日とは、太陽のこと。
     頓悟(トンゴに長音をつけ、濁点の位置を変えるとドンコー) → 鈍行であり、
     その、悟りを開くまでの苦労の長さの例えが、56億7000万年後なのです。

    では、その正体を解明・解読! 

     これまでの謎解きから、救世主『キリスト』の再降臨と、新たなる『仏陀』の降誕とは、同じこと。
     そして、同じ人物。
     なぜならば、全て、万物の創造主、大自然の大いなる意思のもとで、人類は生かされ、歴史を
     築いているからです。
     
    次回より、最後の預言者『聖仙』、遂に降臨!!
    『1億人への説法』を開始いたします!

    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2017_08_12


    10  « 2017_11 »  12

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    992位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SF
    7位
    アクセスランキングを見る>>

    i『大地の愛』フォトギャラリー

    ありがとう! 下記をクリックして下さいね。

    いつでも待っているからね! 貴方は一人じゃないんだから。

    癒しのパワースポット!

    ゆっくり、眺めていってね。

    FC2Blog Ranking

    今日は、ありがとう! 上記をクリックしてね。

    癒しのパワースポット!

    *『大地の愛』フォトギャラリー      心のジャーナリスト

    月影流水

    Author:月影流水
    もう一度、『生きる』ことを 
    感じてみようよ。
    貴方は、一人じゃないんだ。
    『地球』は、貴方のことを
    いつも 見守っているんだよ。

    ゆっくり、眺めていって下さいね!

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR




    page
    top