FC2ブログ


    第7弾は、『仏教の根本』を分かり易く解読‼『世界中の謎』を解明!


    前回までの記事を読み終えてから、この項の記事を 読み進んで下さいね。

     
    『世界賢者会議』
        調和と共生 『日本イッキ連』 
            チーム 『ブッポウソウ』 
             リーダー  最後の預言者『聖仙』
     


    第7弾は、『仏教の根本』を
          分かり易く解読!
       最後の預言者『聖仙』登場!!


    一切は、『無』
       全ては、『空』
          災難・障害を乗り越えるは、『真理』


    仏教における『最終真理』

     良いかな?
    ブッダが説いた教えの根本は、『太陽の動き』なのじゃよ。
    つまり、日が昇り、頂上に達し、やがて、沈んでいく。
    これを 人間の生活の一日、あるいは、誕生から死までの一生に例え、
    人々に、説いていったのじゃ。
    お経は、呪文では、ないぞ。
    ブッダが、人々に対し、
    「正しく生きるためには、どうしたらよいか?」
     ということを 科学的に証明していったのじゃよ。
    従って、お経を唱えてばかりいても 何も変わらんぞ。
    「経文の意味を学び、理解し、実践せよ!」
     ということじゃな。

     さて。
    経文の中身とは?
    先程言ったように、大別して、『真理の追究』と、『実践』の二つじゃ。
    「全ての真理を追究せよ!」
     という具体的な論理的証明を 太陽の動きをもとに 講話していったのじゃ。
    一日の生活、人間の一生、入学から卒業、入社から退職等々。
    全て、つながっており、根本は、同一なのじゃよ。
    「開始時、最盛期、最終時には、一体、どう生きたらよいのか?」
     それらを 例え話で説いていったのが、『仏典』なのじゃ。
    「これらを全て理解できたものは、『実践』せよ。」
     というのが、もう一つの柱。
    太陽の動きから言うと、『翌日の動き』ということじゃ。
    仏教というのは、『人間の生き方』を説いたもの。
    「正しく生きよ!」
     ということであり、お経を唱えてばかりいても何の御利益もなし。
    「ブッダの教えを学び、覚醒せよ!自己を確立できたものは、人々の救済の
    ために立ち上がれ!」
     ということじゃな。
    従って、仏教の各宗派は、この一部分を信心しているだけ。
    「全ての宗派の、教えを学べ!」
     ということじゃ。
    良いかな?
    『宗教は救済であり、来る者は拒まず、去る者は追わず!』
    仏教の根本は、
    『三衣一鉢』
    にあり。
    良いかな?
    宗派の対立は、勝っても仏教、負けても仏教。
    まったく無意味じゃ。
    お互いに、学びなされ。
    また、仏陀の教えに、上等も下等もない。
    全ては、『一』の教えなのじゃよ。
    『一』は、『点』であり、『点』は、やがて『線』となる。
    全ての教えが、一つの流れであり、つながっていることを理解出来たら、
    『円』となる。
    『円』は、『縁』ということじゃよ。
    後に、転職、引っ越し、再出発等々を経験し、全ての業界、地域が同様で
    あると悟ったとき、それは、『球』となる。
    『球』は、『急』であり、『救』なのじゃよ。
    究極の、『球』は、太陽であり、地球。
    万物の創造主である、『太陽の意思』『地球の意思』なのじゃ。
    ワシは、創造主と契りを交わし、導かれておる。
    全ての宗教界を正すため、姿を現すことにしたのじゃ。
    チーム『ブッポウソウ』は、全ての宗派を束ねるための、『正統仏教』。
    一人一人が学び、悟りなされ。

    さて。
    仏教の神髄を学ぶとは、どういうことか?
    この難しい問題を 簡単に、分かり易く説明しようかのう。
    良いかな?
    『仏教』とは、『仏の教え』ということじゃ。
    では、『仏(ほとけ)』とは?
    目覚めし者、悟りし者ということであり、いにしえより、多くの者がおったのじゃよ。
    その一人が、『ブッダ(悟りし者)』である、本名『ゴータマ・シッダルタ』。
    釈迦族の王子であり、その一族の尊いお方ということで、『お釈迦様』。
    お釈迦様は、この世の一切を悟り、『ブッダ』として、苦しんでいる者達の救済に
    動き始めたんじゃ。
    苦しんでいる者達と、一対一で話し始め、悩みを聞きながら、その解決方法を
    共に考えながら、導き出していったのじゃよ。
    つまり、『ブッダ』自信は、経典など、書いておらなかったのだぞ。
    後世、弟子達により、多くの人達に語られた、沢山の教えを集約され、経典として
    伝えられていったのじゃ。

     さてさて。
    これらの経典は、『キジ国』の僧『鳩摩羅什(くまらじゅう)』によって、中国語に翻訳
    され、これが、現在の仏教の根本。
    従って、漢字を学び、その漢字の裏に隠されている意味を学びながら解読していか
    なければ、その神髄など、理解できんぞ。
    何故ならば。
    いにしえの生活の中では、ゲームなどはおろか、テレビ、ラジオ、電話など、何もな
    かったのじゃよ。
    言葉を考えることが生きがいであり、楽しみであり、記憶力こそが全てじゃったのじゃ。
    経典もまた、同様じゃよ。
    では、その言葉の解読方法とは?

     ソロソロ、核心に迫っていくとしようかのう。
    様々な経典の中で語られている、講話の中の、様々な登場人物。
    同様のことを語りながら、人物名が別。
    これには、意味があるのじゃよ。
    『仏教の根本』は、『太陽の動き』が全てなのじゃ。
    つまり、全ての経典は、大きな仏教の流れの中の、『一』。
    それら全てがつながっていることが理解できたとき、仏教の神髄が、理解できるという
    こと。
    宗派により、経典により、信じている仏、菩薩、弟子の名が違っておる。
    これらを解読しながら進まなければ、仏教の神髄など、夢のまた夢ということじゃのう。
    次回より、具体的な解読に入っていくぞ。

               世界賢者会議
                  創始者であり、最後の預言者 『聖仙』より愛を込めて


    次回に続く!


      最後の預言者『聖仙』による『日本再生』、無料公開中ですよう。
    仏教の教えの、根本解読も公開中。
    実録!!バーチャルレジスタンス
    上記をクリック!
    無料公開中!!

     全ての記事を読みたい方、 コメント受け付けは、
    http://daichinoai.jp
    上記をクリック!
    現在、無料公開中!!
    安心して読んでくださいね。
            世界賢者会議  日本イッキ連
              超科学研究センター  所長 月影流水
    テーマ : ミステリ    ジャンル : 小説・文学
    2018_10_28

    Comments


     管理者にだけ表示を許可する

    10  « 2018_11 »  12

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    925位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SF
    11位
    アクセスランキングを見る>>

    i『大地の愛』フォトギャラリー

    ありがとう! 下記をクリックして下さいね。

    いつでも待っているからね! 貴方は一人じゃないんだから。

    癒しのパワースポット!

    ゆっくり、眺めていってね。

    FC2Blog Ranking

    今日は、ありがとう! 上記をクリックしてね。

    癒しのパワースポット!

    *『大地の愛』フォトギャラリー      心のジャーナリスト

    月影流水

    Author:月影流水
    もう一度、『生きる』ことを 
    感じてみようよ。
    貴方は、一人じゃないんだ。
    『地球』は、貴方のことを
    いつも 見守っているんだよ。

    ゆっくり、眺めていって下さいね!

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR




    page
    top