大人のための未来予知童話 『ヤサイ国動乱!!』第6話


    「野党議員全員に、アンケートを渡そう。野党連合組織『ホーサク連』に、賛同する者だけ
    を 次期参議院議員選挙及び、衆議院総選挙で、応援、支持しよう!」
     ブロッコ・リーと、チーム『スプラウト』のメンバーは、八方手を尽くし、国会議員に、回答を
    求めていったのです。
    しかし、ネギ党とナス党は、政党を統合するので、しばし、回答を保留させてくれと、断りを
    入れてきたのでした。
    「しょうがない。統合し、新政党成立まで待とう。」
     ブロッコ・リーと、チーム『スプラウト』のメンバーは、経過を見守ることにしたのです。
    やがて、数週間が過ぎ、新政党は、誕生しました。
    ネギ党とナス党が合流し、誕生した政党名は、『マーボー党』。
    チーム『スプラウト』のメンバーは、顔を曇らせ、ヒソヒソと囁きあっています。
    「南隣の『ライチ国』にある、政党名だっちゃ。」
    「猿真似か。創造力が、にゃあズラ。」
    「ださっ!こんな発想力しかない国会議員ばかりじゃあ、国民の信用は、得られんバイ。
     まして、ヤベエ総理率いる独裁政権打倒なんて、不可能やんけ。」
     そんな、暗い雰囲気に、追い討ちをかけるような情報が、飛び込んできたのです。
    「ネギ党の元総理、NO-ダ氏が、個人的感情から、野党連合を否定しましたよ!」
     ブロッコ・リーが、会合にやってくるなり、声を張り上げた。
    すると、一同は、
    「何い?」
     と、席を立ち上がったのです。
    「あいつが、ネギ党政権を崩壊させた張本人バイ!」
    「消費税増税も NO-ダ氏が、ヤベエ氏側に寝返ったからだっちゃ!」
    「与党のスパイやんけ。野党分断に動いているNO-ダ氏を 国会議員の座から、
     引きずり下ろさにゃあならんとよ。」
     チーム『スプラウト』のメンバーは、怒りに満ち溢れていったのでした。
    「何か、大逆転の方法は、ないかなあ・・・。」
     ブロッコ・リーの言葉に、メンバー達は、沈黙してしまったのです。
    「仮に、総選挙または、衆参同時選挙になった場合、野党連合組織『ホーサク連』の、統一候補
     として、ブロッコ・リー!君が、NO-ダ氏の選挙区に立候補する覚悟があることを 表明すれば
     よかとじゃなかろうか。」
     メンバーの一人、アス・パラが、真剣な眼差しで促すと、周囲は、一気に、明るさを取り戻して
    いったのです。
    「野党連合に反対する、他の野党議員の選挙区には、アス・パラ!おみゃあも立候補すれば、
    よかっちゃ!」
    「そりゃあ、名案バイ!いつまでも 国民の心を理解できない野党議員は、所詮、ヤベエ独裁政権
     の、スパイじゃけん。総選挙があった場合には、一気に、叩き落すズラ!」
     メンバーは、次々に表明し、参議院選が、衆参同時選挙になった場合、または、衆議院選挙が
    行われた場合に、野党連合に反対する議員と、直接対決する覚悟を 決めたのでした。

     翌日。
    チーム『スプラウト』の、ブロッコ・リーとアス・パラは、野党代表者達と、直接、交渉開始していたの
    です。
    「野党連合組織『ホーサク連』を 一気に立ち上げましょう!もし、反対する野党議員がいるのなら
     ば、ボク達が、その選挙区に、対立候補として、ホーサク連の統一候補として、立候補し戦う用意
     があります。」
    「どっちみち、野党連合に反対する議員は、強欲で、傲慢な人間ばかりでっしゃろうが。ヤベエ独裁
     政権の、スパイみたいなもんじゃけん。改革が進まんのと違いますか?」
     この言葉に、野党代表者達は、
    「ヨシッ!立ち上がろう!!」
     と、決意を固め、立ち上がり始めましたが、ただ一人、マーボー党だけが、腕組みをし、険しい
    顔付きで座り込んでいます。
    「マーボー党内をまとめるまで、今しばらく、時間をもらえんかなあ・・・。」
     その言葉に、ブロッコ・リーは、
    「国民生活は、もう、ギリギリなんです!私達が、基礎を築きますから、貴方がたは、早急に、党内を
     まとめ、後から、参加してください。」
     そう、言い切ると、サッサと、その場を立ち去ってしまいました。

     翌日、チーム『スプラウト』は、極秘会合を開いておりました。
    「国会議員の、行動力のなさでは、国民のための改革なんて無理バイ!」
    「戦いは、風林火山ズラ。」
    「マスコミに、事前情報を流すっちゃ!」
     ブロッコ・リーは、
    「よし!あらゆるマスコミに、事前情報を知らせ、国民の反応を待とう!」
     と、遂に、戦闘開始したのです。

     翌日。
    全国紙には、
    『野党連合ホーサク連 遂に決起か?』
    『方策、豊作、ホーサク連!野党総結集か?』
    の見出しが、ズラリと、一面を飾ったのです。
    ところが、この反響は、思った以上に、強大なブームへと発展していくのでした。

    次回をお楽しみに!
    テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学
    2016_03_27


    10  « 2017_11 »  12

    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    2630位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SF
    25位
    アクセスランキングを見る>>

    i『大地の愛』フォトギャラリー

    ありがとう! 下記をクリックして下さいね。

    いつでも待っているからね! 貴方は一人じゃないんだから。

    癒しのパワースポット!

    ゆっくり、眺めていってね。

    FC2Blog Ranking

    今日は、ありがとう! 上記をクリックしてね。

    癒しのパワースポット!

    *『大地の愛』フォトギャラリー      心のジャーナリスト

    月影流水

    Author:月影流水
    もう一度、『生きる』ことを 
    感じてみようよ。
    貴方は、一人じゃないんだ。
    『地球』は、貴方のことを
    いつも 見守っているんだよ。

    ゆっくり、眺めていって下さいね!

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR




    page
    top